タグ別アーカイブ: アウトオブキッザニア

アウトオブキッザニア精米編


 

みなさん、こんにちは! あかふじライムあかふじライム5です

 

今年のオウトオブキッザニアも、いよいよ最終回を迎え、その第4回目を先日14日(土)に開催しました星だよ~1

 

前回は、キッズ社員たちが初めて鍬を持ち、兵庫県産コシヒカリを刈り入れ、「んなをもってくった、みおつ米」というすてきな商品名と激論を交わしたパッケージ作りをしました。

 

今回は、「みおつ米」の商品化に向けて玄米を搗精(とうせい=精米)し、袋詰め!

どんな商品が完成するのでしょうか?

 

10月14日(土)、朝8時。

キッズ社員たちは、眠い目をこすりながら続々と集合します。

バスに乗り込み、神明きっちん西宮浜工場へ!

047

朝早くから、大きなトラックが出入りしています!

実はこの工場、年中無休で全国のみなさんにお米を届けているんです。

122あかふじ米のトラックも見られました!ラッキー吹き出しハート

 

 

 

 

まずは、玄米の状態と等級を確認します。

神明・品質管理の先輩社員「ハカセ」の話に皆興味津々です・・・

専門用語を習い、精米工程を教えてもらいます。

068

サンプル写真と見比べて、

虫食いや未熟なコメがどれくらいあるか目視で確認目_星

078

豊作の今年は、コメの品質も高くキラキラ黄「みおつ米」は1等級キラキラ黄

 

早速、白衣に着替え、工場に運び込まれた玄米を張り込み口へ投入します。

ここから投入された玄米は、それぞれの品種が混ざらないように厳しく管理され、商品になってトラックへ積み込まれるまで一本道をたどります!

091いってらっしゃい!玄米手バイバイ

ザーーッと一気に吸い込まれていく様子に歓声が沸きます!

 

 

搗精室では、先ほど確認した被害を受けたコメを機械で選別したり、異物を除去したりします。

神明きっちんでは、光学式選別機でコメを一粒ずつカメラで確認し、異物などがあれば流れ落ちるコメを空気で吹き飛ばして選別しています。

102

ハカセの説明にキッズ社員たちは、「ドラえもんの秘密道具みたいだ!」と盛り上がっていました。

 

 

次は、「みおつ米」のサンプルを持って品質管理棟へ移動。

玄米と白米の水分量と白度をそれぞれ調べます。

細かい段階で検査をする事で、コメに問題があった場合、より早い発見ができるんですね!びっくり

133166

水分量が多すぎればカビやすくなり、白度が高すぎると搗精で削りすぎだと分かります手!指

 

 

商品名にもなった「みんなをおもってつくった、みおつ米」

手に取るお客様に、キッズ社員の気持ちが届くよう、メッセージカードを作成します。

190

 

完成品が早く見たい!…けどその前に、

一足先にお昼ご飯に「みおつ米」を頂きました!

193

 

210

先輩お手製のまいちゃん茶碗に、「みおつ米」のおかわりごはんごはん

 

 

いよいよ袋詰め作業に移ります。

「みおつ米」は神明の「パキッと」になりました!

291

キッズ社員は黙々と作業を続けます……

337

イメージした通りのパッケージに仕上がり、封された商品がどんどん台車に積み上がっていき、あっという間に100袋以上が完成しました!拍手

 

「みおつ米」完成!

見事、完売いたしました!

工場を出た頃には、すっかり辺りは暗くなっていました。

415

全4回の通年プログラムに参加し、田植え・稲刈り・商品化まで一致団結して全力で取り組んだキッズ社員たち。

 

農業体験や品質検査、商品化など様々な過程を通して、コメをより身近な存在に感じてくれたようです四葉

私たち先輩社員も、キッズ社員の素直な質問に感心させられたり、笑顔で楽しそうに取り組む姿に元気をもらいました!

 

半年間のアウトオブキッザニア、今回も無事最終回を迎えられました。

ご協力いただいた皆様、キッズ社員のご家族様、社員の皆様、本当にありがとうございました。

 

そして、キッズ社員のみなさん、お疲れ様でしたはーと~2

 

以上、アウトオブキッザニア・レポートでした流れ星

 

アウトオブキッザニア稲刈り編


皆さん、はじめまして!

あかふじ♡まいんどブログ・新メンバーのあかふじライムですあかふじライム5

神明やお米に関する楽しい記事や日頃のお役立ち情報を発信していきたいと思ってます!

どうぞよろしくおねがいしますキラキラ黄

それでは早速今回の記事、9月初旬に行ったOut of KidZaniaシリーズです!!

「アウトオブキッザニア稲刈り編」

5月には田植え、夏場は草抜き・・・長い間をかけて子供たちが育てたお米をようやく刈り取る時期になりました!

1068

台風の影響で前日まで雨が続きハラハラしていましたが、稲刈り当日は快晴太陽晴れ

まずは座学で稲についてのお勉強。今年は豊作だそうです!

1052

キッズ社員としてお客様のお手元まで届けるために、パッケージとそれに載せるキャッチコピーと商品名を考えました。

神明先輩社員のアドバイスを受けながら、パッケージの表示に関する法や目を引くデザインはどのようなものかという議論し、多数決の結果…

キャッチコピーは「みんなをおもってつくった」

商品名は【み】んなを【お】もって【つ】くった」の頭文字をとって「みおつ米」に決定!

お昼ご飯の後、待ちに待った稲刈り体験稲刈り

8.子供たちも真剣

十倉営農組合の方々に鎌の持ち方と刈り方を教わります。

初めて鎌を持つキッズ社員たちも多く、心配そうに見守る先輩たち…

怪我もなく無事に収穫することができました。

1101

1時間、みんなで声を掛け合いながらよく頑張ったね!

最後はコンバインが登場して、あっという間に残りの稲を刈ってくれました。

1135

十倉での田植えと稲刈りを終えて、農業の厳しさを知ったキッズ社員ですが、楽しさや日本のふるさとの素晴らしさも伝わっていれば嬉しいです。

次回のアウトオブキッザニアは、いよいよ最終回!

神明きっちん西宮浜工場にて、今回収穫したお米を精米し、袋詰めします。

ついに「みおつ米」の商品化です。お楽しみに流れ星

ふるさと交流田田植え作業


今年も恒例行事となった「ふるさと交流田」の活動が始まりましたので報告します!パンダばいばい

田植えに先立って、5月7日には三田市十倉地区の営農組合の皆さんに交じって用水路の清掃作業をおこないました。用水路にはびこった藻や雑草を取り除きます。右が作業後です。パンダぴょん

12

5月20日の田植え作業は、アウトオブキッザニアの子供たちと一緒に行いました。

まず、坪之内組合長から苗の植え方を教わります。パンダ本

3

子どもたちは、神明の「キッズ社員」として田植えから収穫、製品づくりを通じて神明の仕事を学ぶことになっており、当社の社員も「先輩社員」として、一緒に汗を流します。パンダ太陽

4

子どもたちに負けじと、ふるさと交流田の参加メンバーも田植えに挑戦しますが、慣れない泥田に悪戦苦闘です。パンダショック

5 6 7 8

農家の方の指導で、田植え機の運転にも挑戦しました!パンダグー

10

秋の収穫が待ち遠しいです。パンダ晴れ

これからも特産の黒豆の栽培作業などレポートしますのでお楽しみに!パンダばいばい2

アウトオブキッザニア最終プログラム!!


 

 

みなさまこんにちは(*´﹀`)੭ ੈ

いよいよアウトオブキッザニア最終回となりました34222026

本日はプログラムの集大成となる「製品販売」の様子をお伝えして参ります(*´罒`*)

 

前回までは製品作りを行いました。

今回は作った製品を三田農業まつり特設会場(パスカルさんだ)の一画をお借りし、販売いたします。

まずは販売の説明から星だよ~1

キャプチャキャプチャ1

 

説明終了後は販売開始です!

初めての接客(´ェ`;)三(;´ェ`)

緊張します76558

⑥接客対応

 

一方そのころ、小さな営業社員たちは・・・

⑦ブース前での販促活動キャプチャ5

キャプチャ6キャプチャ8

 

「三田満点米」の販売を促進すべく、会場内を飛び回っていました(。>ω<)ノ

熱心に商品をアピールし続け、どんどん売り上げを伸ばしていきます!

 

そしてブースでもチャンスが訪れます204895

会場内の各ブースをPRするアナウンスのお姉さんが

キッザニアのブースに!143434

キャプチャ9

マイクを借りて自分達でもアピールマイク

キャプチャ10

会場内に「他のブースに負けないぞ!」そんな思いが響き渡りますヾ(*´∀`*)ノ

 

時間がたつのは早いもので、終了時間まで残り30分。

最後は全員ブース前に立ち、商品PRを行いました(*´ω`*)

キャプチャ11キャプチャ12

 

販売終了後、売上集計を行いました!疲れを感じさせず、もくもくとこなしていきます。。。すごいです292302

キャプチャ13 キャプチャ14

 

後片付けも一生懸命頑張りました318591327005

キャプチャ15 ㉑先輩社員と共同して後片付け

 

「三田満点米」の売り上げはいくらだったのでしょうか??売り上げを確認していますヽ(´∀`。)ノ゚

収益のすべては今年も富士山をきれいにする会に寄付することを検討しています。

キャプチャ17 キャプチャ18

 

 

そして、最後は約半年間お世話になった十倉営農組合 坪ノ内代表理事長へ

お礼のご挨拶をさせて頂きました!

キャプチャ19

 

約半年に渡ったアウトオブキッザニアの取り組みも最後となりましたが

ご協力頂いた、皆さま、社員の皆さま、本当にありがとうございました!

本当にお疲れ様でした(*^_^*)

アウトオブキッザニア第4回プログラム


アウトオブキッザニア 製品作りの模様をお伝えします。

前回の活動は稲刈りでした。(前回の模様はコチラより。)
今回は収穫したお米を商品として袋詰めする作業を行います。

作業に入る前に先輩社員によるお米の講座がはじまりました。

6 年間仕入れ量は?5 工場に届くまでの流れは? 

みなさん真剣です。

8 有馬先輩社員からお米の等級について学ぶ10 実際の玄米で確認 

スクリーンを使って工場の仕組みや、当社独自のコンピューターシステムも紹介しました。

15 西宮浜工場の規模、役割は? 16 生産システムの特徴は?

白衣に着替え、工場内に潜入!クマめがね

普段、一般のお客様による見学を安全面の考慮から受け入れていません。本日特別です。

17 実際に工場内を見学する

張り込み と呼ばれる原料投入工程です

19 先輩社員が実演

実際に挑戦してみました。とにかく重いです!

20 張込作業を体験 21 張込作業を体験

微細な異物も検知する 選別機にも興味津々です

25 精米の工程を学ぶ

会議室に戻り、製品作りの下準備をしました。商品に封入するメッセージの作成です。

30 商品に入れるメッセージカードを作成する

製品パッケージに自分達がデザインしたラベルシールの添付作業を行いました。

31 商品づくり開始 33 自分たちでデザインしたラベルを貼る

販売時に店頭で使用するPOPも手作りです。売れ行きを左右するのでみんな真剣。

37 POPづくり 38 POPづくり 39 POPづくり 41 POPづくり

白衣を着、もう一度工場内に入り、最終の袋詰め作業を行いました。

48 パッケージ作業

46 パッケージ作業47 パッケージ作業

完成です!クラッカー右向 販売当日が楽しみです!

51 商品の完成

自分達で作った商品とともに記念撮影。カメラ

65 集合写真

次回はついにアウトオブキッザニア最終回

製品販売

となります。

田植え、収穫、製造、すべてに携わった商品を一般のお客様に販売します。

11/13(日) さんだ農業まつり にて販売ブースを出店します。

みなさんのお越しをお待ちしています!ペコリ~1

さんだ農業まつり特設会場(パスカルさんだ)
兵庫県三田市川除
079-563-4192
(JA兵庫六甲三田営農総合センター)