タグ別アーカイブ: 新入社員研修

平成最後の入社式☆


 

みなさん、こんにちは

あかふじライムですあかふじライム5

 

4月も中旬を過ぎ、新しい環境に移った方は、

そろそろ慣れてきた頃でしょうか?

本日は、神明グループの合同入社式の様子をご報告!

 

4月1日(月)、東京・日本橋。快晴太陽晴れ

この日、

神明ホールディングス 19名、

神明きっちん 4名、

元気寿司 24名

以上、47名がめでたく入社致しました拍手

 

少し緊張した面持ちで、入社式に挑みます。

一人ずつ名前を呼ばれ、各社社長と顔を合わせました。

 

2019入社式2

 

 

神明ホールディングス・藤尾社長からは、

「挑戦する社員には応援を惜しまない。

日々、プラス1%の努力前向きに全力で物事に取り組んでもらいたい。」

と激励のお言葉を頂きました。

2019入社式1

 

 

これに対し、新入社員からは

同期社員と支えあいグループの一員としてこれから頑張っていきたいです。」

と誓いの言葉で締めくくりました。

2019入社式3

 

鉄は熱いうちに打て!手。パ~1

新入社員の熱意を汲み、式ののち、

藤尾社長による業界情勢事業内容の講義が行われました。

 

2019入社式4

 

正直に申し上げると、米業界は決して楽ではありません。

少子高齢化も一因となり、米消費量はピーク時に比べ、半分以下の一人当たり年間約54kgに。

個食化・簡便化がニーズとして増加し、食事の在り方は大きく変化してきているのです。

これらの変化やニーズを敏感に察知し、

日本の食卓・世界の食卓を守り、「食のバリューチェーン」を構築する事が、

目下私たちの取り組みです。

 

神明グループに新しい風を巻き起こしてくれると信じ、

新入社員の皆さんの今後の活躍に期待です四葉てんとう虫

 

新入社員☆フォローアップ研修☆


 

みなさん、こんにちは

お正月のこたつ生活が忘れられない、あかふじライムですあかふじライム5

 

少し前のご報告ですが、

昨年の末に、新入社員向けフォローアップ研修を実施しました。

OJT研修を終え、初期配属から3ヵ月程経ちました。

それぞれの部署での仕事にも慣れてきたころでしょうか?

みんなキリリと顔つきが変わって、服装もうまく抜け感を出していたり・・・キラキラ顔キラキ~1

 

今回の研修では、

手!指今までの仕事を振り返る

手!指これからの自分のキャリアについて考える

手!指これから挑戦したい事や目標を立てる

この3点に的を絞り、考える時間としました!

 

フォローアップ研修1

 

みんな別の部署に所属していますから、当然仕事内容も異なってきますね。

お互いの仕事を共有して、会社全体の動きや仕組みが理解できたようです。

 

人事課との個人面談も実施し、

不安に思うことを確認したり、長期的な目標設定について話し合いもできました。

 

なにより、各拠点に離れて配属された同期社員に久しぶりに会えた事、

そして話してみて良い刺激を受けたのではないでしょうか?

 

ライムも後輩社員に抜かされないように、一生懸命頑張らねば!と仕切り直しです!

 

実りの秋☆新人稲刈り研修


 

みなさん、こんにちは!

今回は、今年度入社した新人から、稲刈り研修レポートが届いています。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

先日、JA庄内みどりにて稲刈り研修を行いました。

5月にも田植えでお世話になった農事組合法人ファーム北平田

稲刈りを教えて頂きました。

 

写真1

 

5月の田植え研修では、1面終えるのに1時間近く要していましたが、

稲刈りはコンバインの機能性が高いこともあり1面あたりを、30分ほどで刈り終えていました

基本的に1日6~7面を刈るとのことです手!指

 

手刈りも体験させていただきました。

コンバインのない時代は全て手刈りで行っていたそうですが、

かがんだ姿勢を長時間維持するのは相当な負担だったと思います。

 

写真2

 

現地の方は昔の手刈りと比べると本当に楽になったとおっしゃっていました。

課題は多くあると思いますが、

ますます機械化が進むことで生産者の負担が軽くなり

農業離れを少なからず抑えられる可能性を感じました。

 

また、収穫した籾(60a分)を乾燥機に入れる作業も見学させて頂きました。

コンバインで収穫した籾は、平均24%程度の水分が含まれており、

14.5%程度まで乾燥させるとのことです。

乾燥不足は変質、過乾燥は胴割の原因となるため加減が難しいということを教えて頂きました。

 

写真3

 

田植え・稲刈りと経験させて頂いたことで、

いかに良品質で美味しいお米を生産することが難しく大変であるか、分かりました。

 

「生産者の方が大切に丹精込めて作って下さったお米を消費者に届ける」という

重要な役割を担っていることを再認識し、

この使命を責任をもって果たしていかなければならないと強く思いました。

 

 

2日目は前日夜から降り続いた雨の影響で稲刈りは行えず、、

まずは、ファーム北平田トマトハウスを見学させていただきました。

 

写真4

 

アイメック農法で育てられたトマトは

糖度が高くて美味しく、また皮が厚いため保存がきくそうです☆クルクル

 

次に酒田市の観光名所である山居倉庫にある庄内米歴史資料館を訪れました。

稲作の歴史や生産~保管~流通の過程がよく分かる展示物、

例えば実際に使用されていた道具や、当時の農家の方々の作業風景を模した人形などが展示されており、

米の生産の歴史について深く学ぶことができましたえんぴつ

 

写真5

 

現場で田植えと稲刈りを経験し、

現地の方と交流できたことは、今後の財産になると感じております。

 

JA庄内みどり、ファーム北平田の皆様、ありがとうございました。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

新人社員のみなさん、ありがとうございました!

5月の田植え研修に引き続き稲刈りまでご協力頂きましたJA庄内みどり、ファーム北平田の皆様にも重ねて御礼申し上げます。

今後の仕事内容にも深く関わってくる実りある研修だったと思います!

実りの秋、貪欲に頑張っていきましょう!

 

 

マイとトムの研修実録


 

新入社員の最後の研修となりました!

5月に自分たちの手で植えた稲を刈り取ります。

楽しげな稲刈りレポートをどうぞ!えんぴつ

~~~~~~~~~~

マイ「この度、JAたじまのふるさと但馬米交流田にいってきました!

ここは前に田植え体験もさせて貰ったよね~。無事に稲は育ってるかなぁ?」

たじま1

Tom「ほな見に行こかー!

うおー!!この前めっちゃ強烈な台風来てたのにちゃんと育ってるやんけえ~!!

で、今日は何する予定なん?」

たじま2

マイ「今日は、田んぼの生き物調査と稲刈り体験!早速田んぼに入って捕まえるで~。

どっちがたくさん捕れるか勝負!!」

たじま4

Tom「ええで、じゃあトムが勝ったら、タコヤキおごってもらうで!!あっ!Frogおった!

他にも、トンボ、バッタ、イナゴ、蛾、イモムシ、いっぱい捕まえたで!!貴様は?」

 

マイ「貴様て!せめて貴方とかがよかった…明日から今以上に厳しく日本語の勉強や、覚悟!まあそれは置いといて。

私はこおろぎと蜘蛛も捕まえたで~。でも悔しいけど量はトムの勝ちかな…。

たじま3

本で調べてみたら田んぼの生き物って植物とか昆虫とか色々あわせると5668種(桐谷圭治編「田んぼの生きもの全種リスト」より)もおるらしいわ。さっきサギとかトンビも頻繁にみかけたし、田んぼってほんまに生き物がいっぱいおるんやなあ!びっくり

 

 

そういやトム、“益虫”(えきちゅう)“害虫(がいちゅう)”って知ってる?

簡単に言えば、益虫っていうのは田んぼに良い影響害虫は悪い影響を与える虫ってことやねんけど、

イナゴとかカメムシ穂から養分を吸ったり葉をかじってお米に色をつけたりするねんな、で、それが品質や等級を下げる要因になって、結果的に悪い影響に。

でも反対に益虫のカエルとか蜘蛛その害虫たちを食べてくれるから、

農家さんたちにとっては大助かりってわけ☆クルクル

 

Tom「トムもJAのおじさんから聞いたで!

害虫を駆除するために農薬を使ったりするけど、それをやっちゃうと益虫も死んでもうて、生物の環境にはよくないらしいな。

今回俺らが刈ったんは、特別栽培米っていって、

慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、

節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培されてんねん。

さらにJAたじまさんでは、コウノトリのエサとなる生き物が育つ環境づくりに取り組んでるんやって!

秋には田んぼに住む生き物のために、堆肥や米ヌカなどを散布したり、冬も田んぼに水を張って生命を育んで無農薬・減農薬での米づくりをやってて、種子の消毒にも農薬を使用しないなどの『農薬に頼らない強い米づくり』にも取り組んでいるらしいで。」

コウノトリ育むお米を買いたいって思った方は、ぜひ益屋をのぞいてみてください!

益屋表

 

 

マイ「あ~コウノトリのお米聞いたことある!あの上野動物園のシャンシャンも食べたってやつやんな。ま、私はパンダといえばやっぱアドベンチャーワールドやけどなあ。なんつって(関西魂!)

ん!なんかいい匂いする~あ!あれはもしや…

 たじま5

お釜で炊いたご飯!しかも新米!おこげも良い感じで美味しそう~!虫捕まえるのにはしゃぎすぎてお腹ぺこぺこやったねん、早速いただきますー!やっぱり外で食べるご飯は最高!

それも、私たちが今回研修でお世話になってる“ふるさと但馬米”やからか更に美味しく感じるわ~ハート薄ピンク

たじま6

田んぼはお米をつくるだけじゃなくて、たくさんの生き物を育てる役割りもあって、

それを管理したり維持したりするのが農家さんで、

その農家さんを支えてるのがご飯を食べる私たち消費者っていう、

環境と農業と食は全部繋がってるってことを改めて感じることができたわ。」

 

Tom「俺ら日本人にとって、お米は当たり前にあるものやと思ってたけど、いろいろ奥が深いねんなぁ。

満腹になったし、これから稲刈りまんでぇーー!!!

たじま7

俺、初めてコンバイン乗るわー!頭文字Dみたいに、ドリフトしながら稲刈りしたろー!!

 

ぶいーーーーんごおーーーーーーーがらがらがらうぃーーーーーん

 

あ、ドリフトできんかったわ。けど、稲刈りって機械でやるから、田植えをしっかりきれいに列を揃えてしとかんと刈り取りにくいねんな!ほんまここ田植えしたやつ誰やねん(笑)

そういえば、コンバインってただ稲刈るだけやと思ってへん?

実は脱穀と選別もできんねん手!指

脱穀っていうんは、お米の部分『籾(モミ)=外皮(籾殻)の付いたままの状態』を、稲の茎の部分(藁)から外すことやねん!

ほんで、コンバインの本体内では、単に脱穀するだけではなくて、選別もしてんねん。選別は風力で籾を吹き飛ばして軽いもの(実の入っていないもの)を吹き飛ばすんやで!

みてーー!!モヒカン!!

たじま8

マイ「あートムもこの前までモヒカンやったからお揃いやね~ってなんでやねん!

にしても今年は猛暑できちんと育つか心配やったけど、ほんまに立派で綺麗な稲やなあ。

これまで田植え~稲刈りまで研修として体験させてもらったけど、普段私たちが食べてるご飯がこんな風につくられてるって知れてすごい勉強になった!

このこと忘れずにこれから私たちは生産者の方たちのことをもっと知って、寄り添って一緒に農業を考えていかなあかんし、その想いをお客様に伝えたり逆にお客様の声を生産者の方たちへ伝えたりしながら、日本のお米や農作物をもっとたくさんの人に届けていかなあかんね。トム!これからも一緒に頑張って行こね!」

 

Tom「Of course!! これからもしっかり学んで、農業のことについて考えていきたいな!!」

 

 

マイ・Tom「全農兵庫、JAたじま、ふるさと但馬米振興会のみなさん!!ほんまおおきに!!!」

たじま9

※登場人物はフィクションです。写真は実際の写真です。会話内容は脚色しています。

 

~~~~~~~~~~

新入社員の皆さん、お疲れ様でした!

2018年度☆新入社員辞令交付式


 

みなさん、こんにちは

あかふじライムですあかふじライム5

 

本日は、2018年度新入社員向け辞令交付式を執り行いました。

 

場所は、神明・神戸本社。

今年の春に入社した総合職15名は、5か月間の研修期間を終えました拍手

入社式の頃に比べ、顔つきが少し凛々しく変わり、頼もしく見えます。

 001

 

4月はマナー講座、基本的な会社の知識から始まり、

精米工場・営業本部・米穀本部など各現場を先輩社員に同行して回り、

関連企業の元気寿司の店舗にも立ちました。

 

営業のスピード感や雰囲気飲食現場の衛生観念米の基礎知識・・・

 

 

約半年間、待ちに待った配属先の発表ですから、みんな緊張気味ですね

管理部長から、一人ずつ辞令が手渡されます。

 013

 

 管理部 吉田部長から

「自分が思っていた配属先ではなくとも、活発に元気よく、部の新しい雰囲気を作ってください

最初はうまくいかないこともあるでしょう。考え抜いて、経験を積んで、胆力をつけてください。

社会の中で自分を磨き努力し、成長し続ける。

その結果が会社全体の成長につながります。

我々の業界はさらに厳しい環境に置かれていますが、グループ間の仲間意識を高め頑張りましょう。」

 

実際に新たな部署で働き始めるのは、週明けの9月3日からです。

今後のそれぞれの配属先での活躍に期待ですね!

 

ライムも、これから一緒に働くのが楽しみです四葉てんとう虫

 みなさん、改めてよろしくお願いします!