タグ別アーカイブ: 工場見学

カネス製麺☆工場見学


 

みなさん、こんにちは

あかふじライムですあかふじライム5

 

今日は、神明グループのカネス製麺を訪問しました。

カネス製麺は、兵庫県たつの市に本社を構え、乾麺を製造している会社です。

主に、そうめんそば中華麺などの乾麺を製造しておりますが、

みなさんになじみのある商品と言えば、「そうめんやっぱり揖保乃糸」

その組合員でもあり、製造・販売もしています。

カネス製麺6

 

今回は、その製造工場に潜入

この日、見学に行ったときには、そばとそうめんを作っていました。

そばアレルギーの方もいらっしゃるため、完全に別のラインで製造しています。

定期的な清掃のほかにも、アレルギー対策や異物混入を防ぐため、様々なチェック項目があります。

カネス製麺4

 

 

生地をこねて、機械で薄く伸ばしていきます。

長~い1枚の生地を麺の形にカットはさみ

 

 

カネス製麺3

 

 

乾麺の種類によって、カッターのサイズを変え、

麺の太さを調節しているそうです。

 

カネス製麺5

やわらかい麺を乾燥室でじっくりと乾かし、湿気を飛ばします。

整列してやってくる麺に圧倒されました!

これをさらに食べやすいサイズにカットして、乾麺の完成です拍手

カネス製麺8

 

ライム「そうめんのはじっこ」と呼んでいたこれ手!指

乾かして棒に引っ掛けているところの麺なんですね~

「そうめんのバチ」と呼ばれるそうです。知らなかった!

 

カネス製麺2

商品によっては、一つずつ手作業で梱包しているものもあるとか。

そして商品は、一度ラック倉庫に保管され、寝かします。

温度・湿度を管理し、ある程度寝かせることで、品質を一定に保つそうです。

 

カネス製麺1

 

 

お昼ごはんは、近くの「揖保乃糸そうめんの里」へ!

カネス製麺7

そうめんはもちろん、いかソーメンも。

小皿の太巻きに見えるお寿司・・・

実はこれ、ご飯の部分が全部そうめんでした!そうめんの太巻き、お家で作ってみたいですね。

カネス製麺の社員によると、

「姫路エリアはそうめん大好き、みんな季節関係なく食べるんですよ。」との事!びっくり

 

カネス製麺では、様々な商品展開をしており、

中でもライムがぜひ食べてみたいのは「野菜の乾麺」です!

人参やほうれん草が混ぜ込まれており、カラフルな麺なんだとか・・・。

 

手間暇かけて作られている乾麺の工場潜入レポでした!

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

カネス製麺:公式サイト

 

 

ウーケ◎第3ライン竣工式


 

みなさん、こんにちは

あかふじライムですあかふじライム5
今日は、おめでたいお知らせです!

パックごはんのウーケは、

この度「第3製造ライン」を竣工致しました拍手

式典の様子をご報告!

ウーケの最寄駅は「西入善駅」。

ウーケ竣工式8

昨年のこの時期には更地だったこの土地に…。

ウーケ竣工式2

見事に第3ラインの社屋が建っています目_星星だよ~1

パックごはんといえばウーケ。

意外に思われる方もいるかもしれませんが、

日本の米消費量が減少する中、パックごはんの需要は堅調に伸びているんです!

パックごはん

やはり、ライフスタイルの変化や共働き世代の増加で、

「米を炊く」のが大変な手間に感じる方も増えています。

*

現在までの現在の生産ラインに加え、

第3ラインが稼働する事により、年間1億2千万食の製造・出荷が可能となります。

国内での需要にお応えするため、稼働開始の4月から早速全国へ向けて出荷をします。

海外へのアピールとして、日本食とともにパックごはんの輸出も進んでいます。

外国の方には、「炊飯が面倒」ではなく

「正しい炊き方が分からない」事が日本食を家庭で食べるハードルとなっているそうです。

電子レンジで2分温めるだけで完成するごはんなら、

手間も少なく誰でも簡単に食べられますよねごはん

ちなみに湯煎で15分温めて頂いても大丈夫なので、災害時の非常食に常備している方もいるとか手!指

*

*

さて、工場稼働の当日ですが、今後のウーケ工場の活躍と従業員の安全を祈願し、

竣工式典が執り行われました。

ウーケ竣工式5

宮司様による神に捧げる儀式を行い、参列者は身を清めて着席します。

ウーケ竣工式4

玉串奉奠(たまぐしほうてん)の儀、宮司様に続き、関連会社代表者が祈りを捧げました。

ウーケ竣工式6

*

*

完全無添加のパックごはんの公式は、

富山の名水×米どころ日本産の美味しいお米×ウーケの卓越した技術力

なんですね手!指

こちらは、第3ラインの製造モニター。

ウーケ竣工式3

今まで通り、実際の機械をガラス越しに見られる一般見学も行なっているので、

ぜひウーケに遊びにきてくださいね目_星

 

 ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

株式会社ウーケ:公式ホームページ

 

 

パックごはんのウーケへ工場見学!


 

みなさん、こんにちは。

あかふじライムですあかふじライム5

 

 

今回は、新入社員研修の一環として、

神明グループの【株式会社ウーケ】へ工場見学に行きました。

その研修風景と工場の様子をご報告!目_星

 

ところでみなさん、ウーケって何の会社かご存知ですか?

富山県入善町に本社と工場を構えている、「パックごはん」の製造メーカーです。

電子レンジでチン!と温めるだけで、炊き立て同様のほかほかふっくらの白米が手軽に食べられます。

 

こんなパッケージ、お近くのスーパーやドラッグストアで見たことはありますか?

 パックごはん

 

 

今回の研修では、パックごはんの製造ラインを見学し、ウーケの理念や製品に対するこだわりについて教えて頂きました。

 

パックごはんというのは、正式には【無菌包装米飯】と呼び、

ウーケでは、添加物を一切使用せず、炊き上げ、パック詰めしています。

米はもちろん神明のお米を使用。

水は、富山・入善町の黒部川の湧水です。日本の名水百選に選ばれています手!指

 004

高瀬の湧水。西入善駅の近くに、地元の方も多く使う休憩スポットがあります。

 005

良い米+良い水+炊き方=おいしいごはん

この方程式を完成させるのは、この土地が育む水、そしてウーケの製造技術があってこそなんですね。

 

 

いよいよ製造ラインの見学へ!びっくり

 015

残念ながら、製造機械類の撮影はNG。

工場内は、製造ラインに沿ってガラス張りの見学ルートがあり、内部を見ることができます。

無菌包装米飯だけあって、やはり衛生チェックは厳重。

製造過程において、社員も立ち入り禁止の無菌エリアがあります。

ウーケの工場は、グループにて一般見学を受け付けているそうなので、ご興味のある方はぜひ参加してみてください。

 

 

午後からは、グループワーク「ウーケの新商品」をテーマに話し合ってもらいました。

020

 

パックごはんといえば、白米。

だけど、炊き込みごはんはどうだろう?

プラスチック容器がゴミにならない様に、環境にやさしい素材を使ってみない?

もっとモダンなネーミングやパッケージにしてみたら、面白くなりそう!

 

予算や技術、リスクという枠に囚われない斬新な意見が飛び交いました。

 

新入社員の研修は、今後も続きます。

本社に戻ってからは、OJTにて各部署の現場で先輩に指導を受けながら、会社の仕組みや仕事内容を具体的に理解してもらいます

 

ウーケでの経験・勉強が今後にも活かせるよう、一緒に頑張っていきましょう四葉

 

 

 

 

 ごはんごはんごはんごはんごはん

株式会社ウーケ

公式サイト

http://www.wooke.co.jp/index.html

 

2018年8月11日より、工場新設工事のため、

一部期間、見学を中止する予定があります。

お申し込みの際にはご注意ください。

ごはんごはんごはんごはんごはん

 

2014/5/24 アウトオブキッザニア第1回目開催!(工場見学編)


みなさんこんにちは。

昨日に引き続き、レッドが担当させていただきます!

 

ところでみなさん、昨日の写真に、わたくしレッド が登場していたのですが、分かりました??

まぁ、どーでもいい話なんですけどねっ(汗)

 

ではでは、本題へ。

昨日はとってもおいしい お弁当をいただいて、遊びまくりの子供たち・・・で終わっておりましたね。

続きをレポートします。

では、しゅっぱーつ!

 

 

時間は、13:30。

バスの中では、 ” おにぎりジャンケンゲーム ” が始まりました(笑)

縦の席順でチームに分かれ、前から順番に司会者とじゃんけんをして、

勝ったら後ろの人に、お手製の 「おにぎりプラカード」 を回していきます。

いちばん早く後ろの人まで回せた列が優勝!というものです。

IMG_2469 IMG_2468

 

 

♪おいしい お米は あかふじ 『まい』 ♪ の『まい』 で手を出します(笑)

みんなで楽しく盛り上がりました~。

 

途中でトイレ休憩を入れて、15:00前に、無事に到着しました。

ここが、7つある当社精米工場の1つ、【西宮浜工場】です。

IMG_2471

 

 

 

まずは、会議室に移動して、工場見学に備えて、説明を聞きます。

写真右奥側 瀬川次長、と、 写真右手前側 豊島工場長、 です。

子供の勢いに、少し圧倒されているようです。。(私は、もう、慣れました。。)

IMG_2473 IMG_2480

 

 

 

ここ西宮浜工場における製造数量や会社の概要、工場内に入る際の注意事項が説明されました。

子供たちは真剣、説明にしっかりと耳を傾けます。

メモもしっかり取っています!みんな大変興味を持っていますね!

IMG_2482 IMG_2490

IMG_2498 IMG_2494

IMG_2503 IMG_2508

 

 

ではではー、いよいよー、工場見学に移りますっ!

まずは、入室用の衣類に着替えます。

IMG_2511 IMG_2513

 

 

少し大きかったかな(笑)

IMG_2515

 

 

 

人数が多いので、2班に分かれて見学しました。

工場の外観から見学が始まります。

IMG_2518 IMG_2520

 

 

 

工場の大きさに、子供たちは圧巻です!

IMG_2528 IMG_2526

 

 

続いて、搬入される玄米の荷姿についての説明ですが・・・

おいおい!聞いてるかっ?(汗)

IMG_2531 IMG_2530

 

 

次に、搬入された玄米を保管タンクに移す(張り込む)作業を見学します。

動きがあるものにも、とても興味をもっています。

みんな釘づけです(笑)

IMG_2545 IMG_2547 IMG_2550 IMG_2553

 

 

 

続いて、玄米から白米にする【精米工程】について見学します。

精米する過程で、異物や、商品にならないお米などを、さまざまな機器を用いて取り除くことを学びました。

IMG_2558

 

 

 

実際に、精米機を見学します。

段階的に玄米の表面を削り、こすり合わせることで、白米になっていくことを学びました。

色が変わっていく状態や、米が摩擦で少し熱くなっているのを、目で、手で、感じ取っていました。

IMG_2560 IMG_2565

 

 

 

次に、光学式選別機を見学します。

さきほど説明を受けた、異物や商品にならないお米を、この機械で取り除くことを学びました。

IMG_2573 IMG_2574 IMG_2575 IMG_2576

 

 

 

最後に、製造ラインを上から見学して終えました。

広い敷地に、大きな機械が沢山あり、子供たちは目を輝かせて見入っていました!

IMG_2580 IMG_2581

 

 

 

 

会議室に戻って、田植えの経験、工場見学を行って学んだことを、各々まとめます。

大人顔負けの “まとめ力” です。。(汗)

1 2 3 4

 

 

 

まとめたものを、発表します。

5

 

=発表された、とある方の内容をそのまま紹介します=

田植えをした時の気づきは、

田んぼにうまく植えるのは難しかったが、かかとから足を抜くと歩きやすかった。

田植え機で苗を植えると正確、早く簡単に植えることができたが、

足で土を踏むと、空気がいっぱい入るので、手で植えた方がいいと思いました。

工場見学では、いろんな機械を巡って、やっと袋詰めされることに驚きました。

とても米に力を入れている「あかふじさん」はとてもエライと思いました。

第1回目の感想は、

これからもがんばってお米を育てていきたいと思いました。

収穫して美味しいお米ができたらいいなと思いました。

これで終わります。

 

・・・、スゴクナイですか???

短時間でまとめ、そしてハキハキと発表し、最後に次回以降の意気込みまで伝えられる!

素晴らしいです。ほんとに驚きました!レッド脱帽です!!

 

最後に名刺交換をし、挨拶をして終了しました。

6 7 8 9

 

 

 

時刻は18:30。

無事に大阪駅に戻ってきました。

保護者様と合流し、1日の報告が行われました。

10 11

 

 

 

正直疲れましたが、疲れた以上のものを子供たちから与えてもらったように思います。

非常によい経験をさせていただきました!

2回目以降も引き続き、子供たちは頑張ります!

みなさん、応援宜しくお願いいたします!!

工場見学 8.品質管理


 

瀬川さん さあ、まいちゃん。品質管理室に着いたよ。

品管入口

品管入口2

 

maichan_surpriseなんだか機械がいっぱいだね!!!水玉

瀬川さん そうだね。機械をつかって、お米の品質検査をしていくよ゜20FF~1

玄米が到着した際、 【車上サンプリング】をしていたのを覚えているかな?_M_3~1

その玄米を使ってお米の情報を調べていくよ。

機械で計測した後、結果をシステムへ取込み、データベースで管理するよ。商品のロットごとに品質管理を行うよ。

これまで、お米を機械と人のダブルチェックで管理していると言ってきたけれど、最初にこうしてきちんと検査を行いデータ化することで管理がし易くなっているんだよ。

maichan_usual最初が肝心なのね星_クルクル

 

maichan_surprise毎日たくさんの玄米が届くのでしょう??リボン

どのように検査してデータ化するの??リボン

瀬川さん では、実際に見て行こう!!

まず、届いた玄米を精米機にかけるよ。

大きさは工場で紹介したものの半分以下だけど、機能は工場のものと同等だよ゜20FF~1

工場で説明したとおり、ここでも1~3回精米機に通してヌカを削っていくよ。

必ず3回通せば良いというわけではないので、プロの目キラキラ*で適切な回数を見極めながら削っていくよ。

精米機1

精米機2

精米機3

maichan_smile通すごとに色が白くなってきたね♪

瀬川さん ヌカが削れた証拠だね。

精米したら、次は【穀粒判別機】 に通していくよ。

品質判定機1

瀬川さん ぱっと見ただけでは分からない、

被害粒・・・虫や熱によって損傷のある粒

着色粒・・・虫・熱などによって米粒の表面の一部や全部が黄色・褐色・黒色になった粒

砕粒・・・砕けている粒

胴割粒・・・お米に亀裂が入っている粒

粉状質・・・半分又は全体が粉状の粒(白く濁って透明感のない粒)

白度・・・お米の白さ・透明度       を調べていくよ。

maichan_surpriseお米の粒ってこんなたくさんの状態に分類されるんだね!!!水玉

 

瀬川さん この機械は、1000粒中どれくらいの割合で、良くない状態の粒が入っているか教えてくれるよ。

品質判定機2

品質判定機3

maichan_smile1000粒も調べるんだね??リボン これだけあれば正確な情報がわかりそうだねいちご~1

瀬川さん お米は自然の恵みで出来る作物だから、100パーセント無傷のお米になるのは不可能だというのはわかるね。とは言え、こうしたお米がより少なければ良いお米=美味しいお米と言えるんだ。

精米の現状をランク分けし、さらにその情報から、最終的な精米の味を予想することができるんだよ。

maichan_smile数値から味が予想できるなんてキラキラ黄すごいな~キラキラ黄

maichan_usual!!2測定結果が出てきたよ!!2

瀬川さん うん。状態は良さそうだね。

品質判定機4

瀬川さん データは直ぐに自動でパソコンに取り込まれるから、入力ミスやデータの誤登録をすることはないんだよ。

瀬川さん 次に、【食味分析計】に通していくよ。

この機械で、精米の出来上がりの味を予想するよ。

食味計1

maichan_usual 瀬川さん、結果が出てきたよ!!2

食味計3ラインあり

瀬川さん 良いお米だねキラキラ黄

上の判定結果が、穀物判別機で出たデータ。

赤いラインで囲まれている判定結果が、いま食味分析計で出たデータだよ。

この食味計で、ご飯の硬さや粘りに影響を与える、お米の成分が測れるんだ。

同じ品種でも、栽培時の天候や土壌の環境で数値が変わってくるからね。

食味計を使って、美味しくて一定の味になるようにブレンドを管理したりするんだよ。

maichan_surprise美味しいお米をつくるには、周りの環境だけじゃなくて、数値も大事なんだね゜20FF~1

瀬川さん こうした判定を元に、商品を作っているんだよ。判定結果によっては、産地と話をして玄米を交換してもらっているよ。お客さんにより美味しいお米を食べてもらいたいからねimg_275304_7573093_1

こうした情報は、製品化された後も工場でデータをしっかり保管しているから、出荷してからでも調べることができるんだ。

製品CD

maichan_smile製品化後も、データーを保管してくれているなんて、何だか安心だなハート白抜き

瀬川さん まいちゃん。工場ではさらに詳しい検査。【DNA検査】をすることもできるんだよ!!

maichan_surpriseお米にもDNA検査があるんだね??リボンすごーい☆飛ぶ

瀬川さんどうやって調べるのか早く教えて~キラキラ黄

DNA検査室

瀬川さん ははは。まいちゃん、焦らなくても大丈夫だよ。

【サタケDNA判別装置】を使って調べて行くよ。

お米にはごくわずかなDNAしか含まれていないんだ。そのわずかな量のDNAを抽出するために、まずお米を粉砕するよ。この機械でお米を一粒一粒粉砕していくんだよ。

IMG_2295IMG_2296

maichan_panick小さなお米を一粒ずつ粉砕するのは大変だろうな~

瀬川さん  粉砕したお米は、DNA検査専用の試薬を加えて、恒温で攪拌しDNAを抽出しやすくするよ。

これは【恒温攪拌装置】といって、一定の温度(65℃)で1時間回転するんだ。

IMG_2299

瀬川さん 次に【DNA自動分離装置】にかけて、先ほどの上澄み液と新たな試薬を混ぜて、DNAを抽出するよ。

この機械で、約2時間かけて、6検体分のDNAを自動的に抽出することができるんだ。

IMG_2303 IMG_2304

 

瀬川さん DNAが抽出できたら、DNAを分析しやすいように増殖するよ。

先ほどのDNA溶液と試薬等を混ぜ 【DNA増幅機】で3時間くらいかけてDNAを増殖させるよ。

DAN判定器B

瀬川さん 最後に、増幅したDNAをDNA判定器にセットし、自動で品種を識別させるよ。

向かって左は【分注ロボット】 チップに試薬と増幅DNA溶液を自動で充填するよ。

向かって右は【DNA判定装置】 品種を自動で識別してくれるよ。

DNA判定器A

瀬川さん 検査からおおよそ5分程度で、パソコン画面に品種が自動で識別表示され、結果を知ることができるんだよ。

DNA4

maichan_surpriseはや~い!!!水玉 まいは、もっと検査に時間がかかると思っていたよ!!!水玉

瀬川さん 工場で求められるのは、正確な作業と、素早い行動、豊富な知識だからね。

工場で勤務している人、一人ひとりがそう行動できるように、高い志を持って勤務しているよ。

IMG_0781

 

maichan_smileこれだけしっかりした検査や品質管理、高い志を持った人たちが、お米を作っているから、神明のお米はすごく美味しいんだねハート薄ピンクまいはすっかり神明のファンになっちゃった!!

この工場見学で、お米についてたくさんの事が学べました!!2

瀬川さん案内してくれて、どうもありがとうございましたハート白抜き

瀬川さん いえいえ。作り手も熱い気持ちをお伝えできて、とても楽しい時間を過ごせました。

今後もぜひぜひ、神明のファンでいてくださいね↑↑

 

こうして、好奇心旺盛なまいちゃんも大満足の工場見学なのでした~キラキラ黄