タグ別アーカイブ: 工場見学

カネス製麺☆工場見学


 

みなさん、こんにちは

あかふじライムですあかふじライム5

 

今日は、神明グループのカネス製麺を訪問しました。

カネス製麺は、兵庫県たつの市に本社を構え、乾麺を製造している会社です。

主に、そうめんそば中華麺などの乾麺を製造しておりますが、

みなさんになじみのある商品と言えば、「そうめんやっぱり揖保乃糸」

その組合員でもあり、製造・販売もしています。

カネス製麺6

 

今回は、その製造工場に潜入

この日、見学に行ったときには、そばとそうめんを作っていました。

そばアレルギーの方もいらっしゃるため、完全に別のラインで製造しています。

定期的な清掃のほかにも、アレルギー対策や異物混入を防ぐため、様々なチェック項目があります。

カネス製麺4

 

 

生地をこねて、機械で薄く伸ばしていきます。

長~い1枚の生地を麺の形にカットはさみ

 

 

カネス製麺3

 

 

乾麺の種類によって、カッターのサイズを変え、

麺の太さを調節しているそうです。

 

カネス製麺5

やわらかい麺を乾燥室でじっくりと乾かし、湿気を飛ばします。

整列してやってくる麺に圧倒されました!

これをさらに食べやすいサイズにカットして、乾麺の完成です拍手

カネス製麺8

 

ライム「そうめんのはじっこ」と呼んでいたこれ手!指

乾かして棒に引っ掛けているところの麺なんですね~

「そうめんのバチ」と呼ばれるそうです。知らなかった!

 

カネス製麺2

商品によっては、一つずつ手作業で梱包しているものもあるとか。

そして商品は、一度ラック倉庫に保管され、寝かします。

温度・湿度を管理し、ある程度寝かせることで、品質を一定に保つそうです。

 

カネス製麺1

 

 

お昼ごはんは、近くの「揖保乃糸そうめんの里」へ!

カネス製麺7

そうめんはもちろん、いかソーメンも。

小皿の太巻きに見えるお寿司・・・

実はこれ、ご飯の部分が全部そうめんでした!そうめんの太巻き、お家で作ってみたいですね。

カネス製麺の社員によると、

「姫路エリアはそうめん大好き、みんな季節関係なく食べるんですよ。」との事!びっくり

 

カネス製麺では、様々な商品展開をしており、

中でもライムがぜひ食べてみたいのは「野菜の乾麺」です!

人参やほうれん草が混ぜ込まれており、カラフルな麺なんだとか・・・。

 

手間暇かけて作られている乾麺の工場潜入レポでした!

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

カネス製麺:公式サイト

 

 

ウーケ◎第3ライン竣工式


 

みなさん、こんにちは

あかふじライムですあかふじライム5
今日は、おめでたいお知らせです!

パックごはんのウーケは、

この度「第3製造ライン」を竣工致しました拍手

式典の様子をご報告!

ウーケの最寄駅は「西入善駅」。

ウーケ竣工式8

昨年のこの時期には更地だったこの土地に…。

ウーケ竣工式2

見事に第3ラインの社屋が建っています目_星星だよ~1

パックごはんといえばウーケ。

意外に思われる方もいるかもしれませんが、

日本の米消費量が減少する中、パックごはんの需要は堅調に伸びているんです!

パックごはん

やはり、ライフスタイルの変化や共働き世代の増加で、

「米を炊く」のが大変な手間に感じる方も増えています。

*

現在までの現在の生産ラインに加え、

第3ラインが稼働する事により、年間1億2千万食の製造・出荷が可能となります。

国内での需要にお応えするため、稼働開始の4月から早速全国へ向けて出荷をします。

海外へのアピールとして、日本食とともにパックごはんの輸出も進んでいます。

外国の方には、「炊飯が面倒」ではなく

「正しい炊き方が分からない」事が日本食を家庭で食べるハードルとなっているそうです。

電子レンジで2分温めるだけで完成するごはんなら、

手間も少なく誰でも簡単に食べられますよねごはん

ちなみに湯煎で15分温めて頂いても大丈夫なので、災害時の非常食に常備している方もいるとか手!指

*

*

さて、工場稼働の当日ですが、今後のウーケ工場の活躍と従業員の安全を祈願し、

竣工式典が執り行われました。

ウーケ竣工式5

宮司様による神に捧げる儀式を行い、参列者は身を清めて着席します。

ウーケ竣工式4

玉串奉奠(たまぐしほうてん)の儀、宮司様に続き、関連会社代表者が祈りを捧げました。

ウーケ竣工式6

*

*

完全無添加のパックごはんの公式は、

富山の名水×米どころ日本産の美味しいお米×ウーケの卓越した技術力

なんですね手!指

こちらは、第3ラインの製造モニター。

ウーケ竣工式3

今まで通り、実際の機械をガラス越しに見られる一般見学も行なっているので、

ぜひウーケに遊びにきてくださいね目_星

 

 ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

株式会社ウーケ:公式ホームページ

 

 

パックごはんのウーケへ工場見学!


 

みなさん、こんにちは。

あかふじライムですあかふじライム5

 

 

今回は、新入社員研修の一環として、

神明グループの【株式会社ウーケ】へ工場見学に行きました。

その研修風景と工場の様子をご報告!目_星

 

ところでみなさん、ウーケって何の会社かご存知ですか?

富山県入善町に本社と工場を構えている、「パックごはん」の製造メーカーです。

電子レンジでチン!と温めるだけで、炊き立て同様のほかほかふっくらの白米が手軽に食べられます。

 

こんなパッケージ、お近くのスーパーやドラッグストアで見たことはありますか?

 パックごはん

 

 

今回の研修では、パックごはんの製造ラインを見学し、ウーケの理念や製品に対するこだわりについて教えて頂きました。

 

パックごはんというのは、正式には【無菌包装米飯】と呼び、

ウーケでは、添加物を一切使用せず、炊き上げ、パック詰めしています。

米はもちろん神明のお米を使用。

水は、富山・入善町の黒部川の湧水です。日本の名水百選に選ばれています手!指

 004

高瀬の湧水。西入善駅の近くに、地元の方も多く使う休憩スポットがあります。

 005

良い米+良い水+炊き方=おいしいごはん

この方程式を完成させるのは、この土地が育む水、そしてウーケの製造技術があってこそなんですね。

 

 

いよいよ製造ラインの見学へ!びっくり

 015

残念ながら、製造機械類の撮影はNG。

工場内は、製造ラインに沿ってガラス張りの見学ルートがあり、内部を見ることができます。

無菌包装米飯だけあって、やはり衛生チェックは厳重。

製造過程において、社員も立ち入り禁止の無菌エリアがあります。

ウーケの工場は、グループにて一般見学を受け付けているそうなので、ご興味のある方はぜひ参加してみてください。

 

 

午後からは、グループワーク「ウーケの新商品」をテーマに話し合ってもらいました。

020

 

パックごはんといえば、白米。

だけど、炊き込みごはんはどうだろう?

プラスチック容器がゴミにならない様に、環境にやさしい素材を使ってみない?

もっとモダンなネーミングやパッケージにしてみたら、面白くなりそう!

 

予算や技術、リスクという枠に囚われない斬新な意見が飛び交いました。

 

新入社員の研修は、今後も続きます。

本社に戻ってからは、OJTにて各部署の現場で先輩に指導を受けながら、会社の仕組みや仕事内容を具体的に理解してもらいます

 

ウーケでの経験・勉強が今後にも活かせるよう、一緒に頑張っていきましょう四葉

 

 

 

 

 ごはんごはんごはんごはんごはん

株式会社ウーケ

公式サイト

http://www.wooke.co.jp/index.html

 

2018年8月11日より、工場新設工事のため、

一部期間、見学を中止する予定があります。

お申し込みの際にはご注意ください。

ごはんごはんごはんごはんごはん

 

2014/5/24 アウトオブキッザニア第1回目開催!(工場見学編)


みなさんこんにちは。

昨日に引き続き、レッドが担当させていただきます!

 

ところでみなさん、昨日の写真に、わたくしレッド が登場していたのですが、分かりました??

まぁ、どーでもいい話なんですけどねっ(汗)

 

ではでは、本題へ。

昨日はとってもおいしい お弁当をいただいて、遊びまくりの子供たち・・・で終わっておりましたね。

続きをレポートします。

では、しゅっぱーつ!

 

 

時間は、13:30。

バスの中では、 ” おにぎりジャンケンゲーム ” が始まりました(笑)

縦の席順でチームに分かれ、前から順番に司会者とじゃんけんをして、

勝ったら後ろの人に、お手製の 「おにぎりプラカード」 を回していきます。

いちばん早く後ろの人まで回せた列が優勝!というものです。

IMG_2469 IMG_2468

 

 

♪おいしい お米は あかふじ 『まい』 ♪ の『まい』 で手を出します(笑)

みんなで楽しく盛り上がりました~。

 

途中でトイレ休憩を入れて、15:00前に、無事に到着しました。

ここが、7つある当社精米工場の1つ、【西宮浜工場】です。

IMG_2471

 

 

 

まずは、会議室に移動して、工場見学に備えて、説明を聞きます。

写真右奥側 瀬川次長、と、 写真右手前側 豊島工場長、 です。

子供の勢いに、少し圧倒されているようです。。(私は、もう、慣れました。。)

IMG_2473 IMG_2480

 

 

 

ここ西宮浜工場における製造数量や会社の概要、工場内に入る際の注意事項が説明されました。

子供たちは真剣、説明にしっかりと耳を傾けます。

メモもしっかり取っています!みんな大変興味を持っていますね!

IMG_2482 IMG_2490

IMG_2498 IMG_2494

IMG_2503 IMG_2508

 

 

ではではー、いよいよー、工場見学に移りますっ!

まずは、入室用の衣類に着替えます。

IMG_2511 IMG_2513

 

 

少し大きかったかな(笑)

IMG_2515

 

 

 

人数が多いので、2班に分かれて見学しました。

工場の外観から見学が始まります。

IMG_2518 IMG_2520

 

 

 

工場の大きさに、子供たちは圧巻です!

IMG_2528 IMG_2526

 

 

続いて、搬入される玄米の荷姿についての説明ですが・・・

おいおい!聞いてるかっ?(汗)

IMG_2531 IMG_2530

 

 

次に、搬入された玄米を保管タンクに移す(張り込む)作業を見学します。

動きがあるものにも、とても興味をもっています。

みんな釘づけです(笑)

IMG_2545 IMG_2547 IMG_2550 IMG_2553

 

 

 

続いて、玄米から白米にする【精米工程】について見学します。

精米する過程で、異物や、商品にならないお米などを、さまざまな機器を用いて取り除くことを学びました。

IMG_2558

 

 

 

実際に、精米機を見学します。

段階的に玄米の表面を削り、こすり合わせることで、白米になっていくことを学びました。

色が変わっていく状態や、米が摩擦で少し熱くなっているのを、目で、手で、感じ取っていました。

IMG_2560 IMG_2565

 

 

 

次に、光学式選別機を見学します。

さきほど説明を受けた、異物や商品にならないお米を、この機械で取り除くことを学びました。

IMG_2573 IMG_2574 IMG_2575 IMG_2576

 

 

 

最後に、製造ラインを上から見学して終えました。

広い敷地に、大きな機械が沢山あり、子供たちは目を輝かせて見入っていました!

IMG_2580 IMG_2581

 

 

 

 

会議室に戻って、田植えの経験、工場見学を行って学んだことを、各々まとめます。

大人顔負けの “まとめ力” です。。(汗)

1 2 3 4

 

 

 

まとめたものを、発表します。

5

 

=発表された、とある方の内容をそのまま紹介します=

田植えをした時の気づきは、

田んぼにうまく植えるのは難しかったが、かかとから足を抜くと歩きやすかった。

田植え機で苗を植えると正確、早く簡単に植えることができたが、

足で土を踏むと、空気がいっぱい入るので、手で植えた方がいいと思いました。

工場見学では、いろんな機械を巡って、やっと袋詰めされることに驚きました。

とても米に力を入れている「あかふじさん」はとてもエライと思いました。

第1回目の感想は、

これからもがんばってお米を育てていきたいと思いました。

収穫して美味しいお米ができたらいいなと思いました。

これで終わります。

 

・・・、スゴクナイですか???

短時間でまとめ、そしてハキハキと発表し、最後に次回以降の意気込みまで伝えられる!

素晴らしいです。ほんとに驚きました!レッド脱帽です!!

 

最後に名刺交換をし、挨拶をして終了しました。

6 7 8 9

 

 

 

時刻は18:30。

無事に大阪駅に戻ってきました。

保護者様と合流し、1日の報告が行われました。

10 11

 

 

 

正直疲れましたが、疲れた以上のものを子供たちから与えてもらったように思います。

非常によい経験をさせていただきました!

2回目以降も引き続き、子供たちは頑張ります!

みなさん、応援宜しくお願いいたします!!

かっぱ寿司工場見学レポート


 

みなさんこんにちは。

今日は、かっぱ寿司の工場見学レポートを書きたいと思います。

 

この工場では、コンビニエンスストアなどで販売されているお寿司などを作っているんですね。

説明するよりも、見た方が分かりよいので、早速見てみましょうね。

 

まずは、工場入室前衛生管理。

このような書き出しをしますと、簡単な入室前の衛生チェック、のように思われるかもしれませんが、

非常に重要なところであり、一つずつ、丁寧に、確実に行わなければなりません。

みなさんが食べるお寿司を作るわけですからね。

 

こちらの画像をご覧ください。

IMG_1114-1

これは衣類に付いているホコリなどを粘着テープで取る工程です。

手順通りに漏れなく行えるよう徹底されております。

入出前にはこのような工程が沢山あります。

これら一つ一つの作業を完全ルール化し、衛生管理しているんですね。

いやいや、すばらしいことです。

 

手にアルコールを噴霧した後、エアシャワーを浴び、いよいよ入室です。

IMG_1118

IMG_1119

 

いよいよ見学です。はじめに食材を保管している倉庫。

IMG_1145

 

こちらは冷凍食品を保管している倉庫で、食材が沢山保管されてありました。

IMG_1146-1

 

奥へ進みますと、さらに温度の低い冷凍倉庫があります。食材に合わせた温度管理がなされています。

IMG_1157-1

 

 

続いて製造室へ。

まずは、包装資材関係の保管室を見せていただきました。

すごい量です。これでも一部分だそうです。

IMG_1164

 

 

次に使用する食材を保管する冷蔵庫。使用する分をここに移動することで作業効率を図っているそうです。

IMG_1167

IMG_1172

 

そして、これらをいつまで使用できるかを記録管理されていました。

IMG_1175-1

 

製造現場入室前の注意事項を説明を受け、いよいよ潜入します!

IMG_1176

 

!!!

めっちゃ広い!そして、すごい人数!

IMG_1178

 

これは手巻き寿司ですね。

IMG_1181

 

お寿司もありましたよ!

IMG_1182

 

向こうから、どんどん流れてきます!

IMG_1183

 

こっちはにぎり寿司ですね!おいしそうです!

IMG_1200

 

この製造場の横に炊飯ラインがあり、ここで炊飯されたごはんに酢を合わせて作っているそうです。

炊飯ラインを見せてもらいました。

IMG_1190

 

コンベヤの要領でライン化されており、全て機械化されておりました。とにかくスケールが大きい!

おぉっ、炊き上がったごはんが出てきましたよ!

IMG_1201

 

お酢が出てきました!すごい!

IMG_1202

 

 

ん?製造場で人が集まりだしましたよ!

あっちでは何をしているんだ??

IMG_1219

 

何やら機械の中に入っていきますよ?

IMG_1221

 

もうお分かりですよね、そう、巻きずしです。

にしても、これ見てください!とにかく長~いです!

横に並んで具材を並べていくんですね~。こちらも圧倒されますね。

IMG_1222

 

これを機械で切って、(こんな感じ)

IMG_1225

 

それをまた、別の機械で切ると・・・

IMG_1228

 

おお~、美しい!私が言うのもなんですが、たいしたもんですよコレ!

こうしてみなさんが日頃食べているコンビニなどで買うお寿司は作られているんですね。

皆様ご苦労さまでございます!

IMG_1243

 

そして、このネタなんですが、これをカットしているところを見せていただけるとのことです!

では早速移動しましょう~。

 

靴を履きかえ、入室前の説明を受けます。ではいよいよ!

IMG_1277

 

おぉ~~!ここもスゴイ!なんたるスケール!

IMG_1279

 

大きさや形などを均一にする必要がある為、かなりの熟練度が求められるようです。

IMG_1287-1

 

 

こうして作られたお寿司たちは、全て目視で検品されます。

ここではラベルや商品の見栄え、容器の破損などがないかもチェックされます。

IMG_1261

IMG_1260

 

こうして出荷を待ち、配送されていきます。

IMG_1127

 

みなさん、いかがでしたでしょうか。

これでもずいぶんと端折りました。

日頃、何気に食べているお寿司ですが、決して容易ではない、

そして、多くの方々によって支えられているんだな、と実感できました。

 

コンビニなどで、『かっぱ寿司』を見かけましたら、是非お試しください!