タグ別アーカイブ: 収穫

実りの秋☆新人稲刈り研修


 

みなさん、こんにちは!

今回は、今年度入社した新人から、稲刈り研修レポートが届いています。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

先日、JA庄内みどりにて稲刈り研修を行いました。

5月にも田植えでお世話になった農事組合法人ファーム北平田

稲刈りを教えて頂きました。

 

写真1

 

5月の田植え研修では、1面終えるのに1時間近く要していましたが、

稲刈りはコンバインの機能性が高いこともあり1面あたりを、30分ほどで刈り終えていました

基本的に1日6~7面を刈るとのことです手!指

 

手刈りも体験させていただきました。

コンバインのない時代は全て手刈りで行っていたそうですが、

かがんだ姿勢を長時間維持するのは相当な負担だったと思います。

 

写真2

 

現地の方は昔の手刈りと比べると本当に楽になったとおっしゃっていました。

課題は多くあると思いますが、

ますます機械化が進むことで生産者の負担が軽くなり

農業離れを少なからず抑えられる可能性を感じました。

 

また、収穫した籾(60a分)を乾燥機に入れる作業も見学させて頂きました。

コンバインで収穫した籾は、平均24%程度の水分が含まれており、

14.5%程度まで乾燥させるとのことです。

乾燥不足は変質、過乾燥は胴割の原因となるため加減が難しいということを教えて頂きました。

 

写真3

 

田植え・稲刈りと経験させて頂いたことで、

いかに良品質で美味しいお米を生産することが難しく大変であるか、分かりました。

 

「生産者の方が大切に丹精込めて作って下さったお米を消費者に届ける」という

重要な役割を担っていることを再認識し、

この使命を責任をもって果たしていかなければならないと強く思いました。

 

 

2日目は前日夜から降り続いた雨の影響で稲刈りは行えず、、

まずは、ファーム北平田トマトハウスを見学させていただきました。

 

写真4

 

アイメック農法で育てられたトマトは

糖度が高くて美味しく、また皮が厚いため保存がきくそうです☆クルクル

 

次に酒田市の観光名所である山居倉庫にある庄内米歴史資料館を訪れました。

稲作の歴史や生産~保管~流通の過程がよく分かる展示物、

例えば実際に使用されていた道具や、当時の農家の方々の作業風景を模した人形などが展示されており、

米の生産の歴史について深く学ぶことができましたえんぴつ

 

写真5

 

現場で田植えと稲刈りを経験し、

現地の方と交流できたことは、今後の財産になると感じております。

 

JA庄内みどり、ファーム北平田の皆様、ありがとうございました。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

新人社員のみなさん、ありがとうございました!

5月の田植え研修に引き続き稲刈りまでご協力頂きましたJA庄内みどり、ファーム北平田の皆様にも重ねて御礼申し上げます。

今後の仕事内容にも深く関わってくる実りある研修だったと思います!

実りの秋、貪欲に頑張っていきましょう!

 

 

毎年恒例☆こうべファーム収穫祭


10月14日(土)~15日(日)の2日間、イオン神戸北店にて

「2017年こうべファーム収穫祭」を開催しました。

 

毎年、この時期に開催しており、今年で5年目流れ星

 収穫祭1

この収穫祭では、こうべファームで収穫された、米や青果物を新鮮な状態で販売しています!

 

収穫祭なので、やはり「秋といえば!」がたくさん並びました。

今年は、こしひかり・きぬひかりの2種類の新米を準備し、

枝豆、栗、富有柿、ジャンボ落花生、鳴門金時(さつまいも)を食べ切りやすい量とお手頃なお値段で特設店頭にそろえました。

 収穫祭5

 

なんといっても、おすすめ商品は2種類の新米!!2

5キロの販売なので、各ご家庭で新鮮なうちに召し上がって頂けると思います。

試食をされたお客様にも「おいしい!」と言って頂き、大盛況でした。

 収穫祭4

 

もうひとつの目玉商品は、枝つき枝豆!!2

スーパーでは袋詰めしやすいように葉や枝は取り除いてあったり、冷凍用に加工されていたり…

枝豆がどのように実に生(な)っているのか、畑以外では見かける機会は少ないですね。

がっしりとした枝に、数えきれない程たわわに実った枝豆が生っています。

青々とした枝豆は枝つきのまま販売し、今年もご好評頂きました。

 収穫祭2

 

 

今回は、両日ともに雨が降っていましたが、

「今年も買いに来たよ」とありがたいお声を掛けて頂きました。

 収穫祭3

お越しくださった皆様、誠にありがとうございました。

 

岡山県みつひかり圃場 刈取り報告


 

みなさんこんにちは。

早いもので、12月になりました。年末に向けてお忙しいでしょうが、頑張っていきましょう。

 

報告遅れましたが、先月、当社神明ファームの岡山圃場において、刈取り作業が行われました。

ここでは、「ミツヒカリ」という品種のお米を生産しております。

ミツヒカリは、やや細長で粒は大き目、品質・光沢とも良い。耐倒伏性に強く、多収穫米です。

 

写真は11月初旬に撮影したものです。120cmと、とても大きく成長しています。

131202①

一般の品種に比べて茎も太めで穂と草丈も長い

(草丈:120cmぐらい、穂長:30cmぐらいで一般的品種と比較して、1.2倍と1.5倍になる)

籾数も多く、反収が期待できます!

 

11月12日から刈取り開始。

131202②

131202③

 

6条刈コンバインで1haを2時間ぐらいのペースで一気に刈取ります。

131202④

131202⑤

12俵/反ぐらいの収穫が見込めそうで、まずは順調です。

131202⑥

131202⑦

 

2013年9月14日 兵庫県三田十倉稲刈り報告


 

みなさん、こんにちは。

ご報告が遅れましたが、9/14(土)に三田十倉において、待望の稲刈りを行いました!

その状況を今日はご報告させていただきますね。

 

月初めの豪雨の影響で “倒れかけている状態” や “水はけ” が一部悪いところがありましたが、

その後、好天続きで条件整いました。

台風18号が近づいていることもあり、天候大丈夫なうちに早速稲刈り開始。

 

今回も精鋭メンバーと最強マシンの組合せで一気に刈り取るぞ!!

十倉稲刈①

十倉稲刈②

十倉稲刈③

 

5月に手植えしたところは今回の雨でも倒れず、見事に実り収量が期待できます。

十倉稲刈④

十倉稲刈⑤

十倉稲刈⑥

 

まだ水が多く、機械の入らないところは手刈りで進める。

刈った穂は、4~5株毎に畔に並べて、後でコンバインに投入します。

十倉稲刈⑦

十倉稲刈⑧

 

足元がぬかるんで、動きにくい状態ですが、まだ元気、どんどん作業が進みます。

十倉稲刈⑨

十倉稲刈⑩

 

いよいよマシン登場!

倒れた部分も組合長の熟練の運転技術で、難なく刈取っていきます。

十倉稲刈⑪

 

刈り取ったら、横付けしたトラック荷台にバラ積みしていきます。

十倉稲刈⑬

 

コンバインの試乗体験。

稲の状態に合わせて微妙なスピード調整が必要なのですが・・・。

 一部刈りきれず、残しながら作業を進めます(涙)。

(残った部分は後で手刈りします)

十倉稲刈⑭

 

手植えした部分も手刈りしました。

足場は悪くなかったけど、広い範囲で大変でした。

十倉稲刈⑮

十倉稲刈⑯

 

この部分、何とか全部刈り終え、皆満足そうです!

十倉稲刈⑰

 

最後に外周に置いた手刈り稲をコンバインに投入して、すべて完了。

交流田の収穫は無事に終了。

十倉稲刈⑱

十倉稲刈⑲

 

十倉稲刈⑳

 

翌日から台風雨で、集落圃場の作業は一時中止。

台風通過後の天候回復を待って、作業再開。集落全体では26日頃までかかりました。

十倉稲刈21

十倉稲刈22

2013年9月28日 兵庫県三田十倉ヤマフクモチ収穫報告


みなさんこんにちは。

先日の玉ねぎ苗床・播種作業に続き、ヤマフクモチの収穫を行いましたので

ご報告したいと思います。

 

兵庫県三田産ヤマフクモチは、大粒で香ばしいお餅になり、

東北産のもち米に比べて皮が薄くて、軽い搗精で真っ白になるのが特徴です。

 

9月の最終週末とはいえども、日中はまだ少し気温が高めです。

地元特産品でもある”ヤマフクモチ”の収穫作業の開始です。

山間の地ということもあり、稲につく夜露を払ってからの作業になります。

 

中旬の大雨から日も経っており、圃場も乾いてきている状態で、

4台のコンバインで一気に刈取りを進めます。

やまふくもち①

やまふくもち③

やまふくもち③

 

実はこのもち米ですが、

一度食べられた方はリピーターになられることが多い、

弊社商品 “あかふじもち” の原料になるんです!

今年も是非ご賞味ください。