タグ別アーカイブ: 加工用米

ふるさと交流田_7月4日_圃場生育状況、7月12日_兵庫県三田市十倉


 

みなさまこんにちは。レッドです。

サッカーワールドカップ、終わっちゃいましたねー。

しばらく、これ!といった大きな行事はないかもしれませんが、そろそろ夏休みですよね!

あとは、各地で “お祭り” とか “花火” とか、そんな季節がやってくる頃になりましたねー。

 

そんな月日の経過とともに、ふるさと交流田の生育も順調ですよ~!

今日は、その生育状況をご報告させていただきます。

 

まずは兵庫県豊岡市の圃場から。(2014/7/4)

こちらでは、加工用米(私達が食べる主食とは異なる、米菓などに使うことを目的としたお米です)の

「あきだわら」という品種が植えられています。

ここで作られた加工用米は、地元の企業様にて使われるそうです。

草丈 60~63cm、茎数 36~38本、元気に育っています。

15-1 15-2

 

 

続きまして、兵庫県佐用郡佐用町東徳久の圃場です。(2014/7/4)

こちらでも同じく加工用米の品種「あきだわら」が植えられており、地元の企業様にて使われる予定です。

草丈 48~50cm、茎数 34~38本、豊岡市と比べると少し小さいですが、至って順調な生育です!

15-3 15-4

 

 

さてさて、続いては7/12に行いました兵庫県三田市十倉で行われた、黒大豆の追肥&土寄せ作業です。

今日は、当社社員も現地へ向かい、地元の方との共同作業となりました。

 

6月21日の定植から3週間が経過しました。

追肥の分量は多くても少なくても10月の収穫に大きく影響してくる大事なポイント!!

土寄せも成長に合わせて風雨で倒れないようにしっかり補強します。

 

最初に坪之内組合長から作業手順の説明を受けます。

15-5 15-6

 

 

では、さっそく始めましょう!

神戸を出発した時は、晴天で「今日は暑くなるね~!」なんて話をしていましたが、

作業開始前には雲が太陽を隠してくれ、少し暑さは和らいだ感じになりました。

 

前半はすくすく育った雑草の除去と丈夫な根を張らすために

株元に ” 亜リン酸肥料 ” を、畝全体二筋に ” コート肥料 ” を蒔きます。

大変な作業でしたが、みんな楽しみながら作業を行いましたよ!

15-7 15-8 15-9 15-10

 

 

後半は「鋤簾 じょれん」(地元では ” じょうれん “) と呼ばれる、土をすくってふるいのように落とす

農機具を使って、散布したコート肥料と一緒に下葉付近まで株元に土寄せを行いました。

15-11 15-12 15-13 15-14  

 

 

生産組合の広い面積は管理機を導入します。

除草も兼ねながら、一気に仕上げていきます。

軟弱な土壌では使えないのですが、やっぱり機械はスゴイですね!大変キレイに仕上がります!

15-15 15-16

 

作業に携わった皆様方、おつかれさまでした。

おいしい黒豆が収穫されましたら、みんなでワイワイ食べましょうー!

十倉のみなさま、ありがとうございました。

ふるさと交流田_兵庫県三田市十倉・東徳久地区(佐用町)


 

みなさん、こんにちは。

梅雨なのに、雨が全然降らないですよねー。

そして、とても×2 暑いっ!

毎年、こんな感じでしたっけ? って、毎年言っているような気がするぅ~(笑)

レッドです。

 

とんでもない ツカミ から入りましたが(汗)、、

今日は、ふるさと交流田の活動レポートをしたいと思います。

ではさっそく。

 

さかのぼること 5/31。

兵庫県三田市十倉では地区全体で “ヤマフクモチ” の田植え作業を行いました。

今日は、先週のキッズ社員(キッザニアの子供たち)の応援はなく、大人だけの作業です。

yamafuku1

 

 

 

にしても、広いですねー。

地域全体で、ということですので、あちらこちらで作業を目にすることができます。

yamafuku2 yamafuku3

 

 

 

ところで、今日は、ヤマフクモチの田植えですが、

見た目、どれも同じ苗にしか見えないですね。。

コシヒカリなどの苗と、間違ったりしないのでしょうか?

 

それは、ベテランの目に掛かれば簡単に見分けられ・・・・・ るワケないです!(笑)

スミマセン。。

ちゃんと苗を入れる箱の “色” で区別を付けてありました!

yamafuku4 yamafuku5

左側、黒い苗箱が <コシヒカリ>              右側赤い苗箱が <ヤマフクモチ> です。

苗だけ見たら、やっぱり同じにしか見えませんね・・。。(汗)

 

 

作業を効率よく行えるように、圃場に合わせて5、6箱ずつセットしておきます。

yamafuku6

 

 

 

あとは、ベテランオペレーターの手際よい作業で順調に作業をこなしていきます。

yamafuku7 yamafuku8

 

 

このヤマフクモチは、圃場近くにあります 『つくしの里』 で、

とってもおいし~い “お餅” になって販売されていますっ!!

JA兵庫六甲さんのHPで紹介されていますので、ご覧ください。↓

http://www.jarokko.or.jp/Contents/Agri/Maestro/StageActor/2008/08/

 

当社の餅製品、”あかふじもち” も、このもち米から作られているんですよ!

yamafuku9

これからの生育が楽しみですね!

近隣小学校の課外活動でもヤマフクモチの田植え体験が行われ、

収穫後には、餅つき体験も行われる予定だそうです。

つきたてのお餅、是非食べてみたいですねー!(砂糖+醤油=最高っ!)

 

 

 

で、ですね、今日はもうひとつ活動報告を。。

時は6/3。

神戸から車で約1時間半のところに、

兵庫県佐用郡佐用町  東徳久(ひがしとくひさ) というところがあります。

この地区では、”お酒” などの、加工用として扱われるお米を生産します。

加工用米の田植えは、今年が初めてということで、

圃場整備の整った、抜群の環境で生産されます。

higasitokuhisa1 higasitokuhisa2

 

 

当日の田植えは、田植機2台を使って行いました。

higasitokuhisa3

 

 

圃場毎に”番号” と “面積” を記載した支柱を立て、

地区管理している『栽培物一覧図』と一致させ、今後の作業進捗を管理できるようにしています。

higasitokuhisa4 higasitokuhisa5

higasitokuhisa6  ←10ha(=100,000平方m、正方形なら辺316.23m)

 

 

佐用町は “ひまわり祭り” でも有名です。

今年も7月19日~8月3日までの期間で開催される予定で、

期間中は直売所やひまわりプレゼントなどの催しがあるそうです。

higasitokuhisa7

http://www.himawaribatake.net/sayo.php

 

ここ、東徳久地区では、前半の1週間ほどでお祭りが行われます。

今はその準備をしています。

higasitokuhisa8 higasitokuhisa9

 

 

ひまわり好きの方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?