タグ別アーカイブ: 佐用町東徳久

ふるさと交流田_兵庫県三田市十倉・東徳久地区(佐用町)


 

みなさん、こんにちは。

梅雨なのに、雨が全然降らないですよねー。

そして、とても×2 暑いっ!

毎年、こんな感じでしたっけ? って、毎年言っているような気がするぅ~(笑)

レッドです。

 

とんでもない ツカミ から入りましたが(汗)、、

今日は、ふるさと交流田の活動レポートをしたいと思います。

ではさっそく。

 

さかのぼること 5/31。

兵庫県三田市十倉では地区全体で “ヤマフクモチ” の田植え作業を行いました。

今日は、先週のキッズ社員(キッザニアの子供たち)の応援はなく、大人だけの作業です。

yamafuku1

 

 

 

にしても、広いですねー。

地域全体で、ということですので、あちらこちらで作業を目にすることができます。

yamafuku2 yamafuku3

 

 

 

ところで、今日は、ヤマフクモチの田植えですが、

見た目、どれも同じ苗にしか見えないですね。。

コシヒカリなどの苗と、間違ったりしないのでしょうか?

 

それは、ベテランの目に掛かれば簡単に見分けられ・・・・・ るワケないです!(笑)

スミマセン。。

ちゃんと苗を入れる箱の “色” で区別を付けてありました!

yamafuku4 yamafuku5

左側、黒い苗箱が <コシヒカリ>              右側赤い苗箱が <ヤマフクモチ> です。

苗だけ見たら、やっぱり同じにしか見えませんね・・。。(汗)

 

 

作業を効率よく行えるように、圃場に合わせて5、6箱ずつセットしておきます。

yamafuku6

 

 

 

あとは、ベテランオペレーターの手際よい作業で順調に作業をこなしていきます。

yamafuku7 yamafuku8

 

 

このヤマフクモチは、圃場近くにあります 『つくしの里』 で、

とってもおいし~い “お餅” になって販売されていますっ!!

JA兵庫六甲さんのHPで紹介されていますので、ご覧ください。↓

http://www.jarokko.or.jp/Contents/Agri/Maestro/StageActor/2008/08/

 

当社の餅製品、”あかふじもち” も、このもち米から作られているんですよ!

yamafuku9

これからの生育が楽しみですね!

近隣小学校の課外活動でもヤマフクモチの田植え体験が行われ、

収穫後には、餅つき体験も行われる予定だそうです。

つきたてのお餅、是非食べてみたいですねー!(砂糖+醤油=最高っ!)

 

 

 

で、ですね、今日はもうひとつ活動報告を。。

時は6/3。

神戸から車で約1時間半のところに、

兵庫県佐用郡佐用町  東徳久(ひがしとくひさ) というところがあります。

この地区では、”お酒” などの、加工用として扱われるお米を生産します。

加工用米の田植えは、今年が初めてということで、

圃場整備の整った、抜群の環境で生産されます。

higasitokuhisa1 higasitokuhisa2

 

 

当日の田植えは、田植機2台を使って行いました。

higasitokuhisa3

 

 

圃場毎に”番号” と “面積” を記載した支柱を立て、

地区管理している『栽培物一覧図』と一致させ、今後の作業進捗を管理できるようにしています。

higasitokuhisa4 higasitokuhisa5

higasitokuhisa6  ←10ha(=100,000平方m、正方形なら辺316.23m)

 

 

佐用町は “ひまわり祭り” でも有名です。

今年も7月19日~8月3日までの期間で開催される予定で、

期間中は直売所やひまわりプレゼントなどの催しがあるそうです。

higasitokuhisa7

http://www.himawaribatake.net/sayo.php

 

ここ、東徳久地区では、前半の1週間ほどでお祭りが行われます。

今はその準備をしています。

higasitokuhisa8 higasitokuhisa9

 

 

ひまわり好きの方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?