タグ別アーカイブ: やいかがし

節分って何?!


 

こんにちは★

新しい一年を迎えてからあっという間!
本日で1月も終わりですね。

『1月は行く、2月は逃げる、3月は去る』という言葉がありますが、
まさにその通りだと感じる今日この頃です。

さて!明日からは2月です
そして2月3日は『節分』ですよ!

今日は2月3日に備えて、知ってそうで知らない?
『節分』についてご紹介致します。

 

420x283xa34fe9bb65edd6e8c752813e[1] 

◆節分って??◆
節分とは、もともと季節の境目を意味していました。
つまり、春夏秋冬すべてにありましたが
いつからか、一番変化のある冬から春への変わり目しか行われなくなりました。
『立春』はまさにそのことを指し、暦の上では2月3日は冬、2月4日からは春になるといわれています。
その季節が変わる前に、冬の邪気(悪い気)を払いのけ、
気持ちの良い春を迎えようとする行事なのです。

 

 恵方巻き

◆巻き寿司を食べるワケ◆

節分に食べる巻き寿司は『恵方巻き』と言われています。
『恵方』とは幸せが入ってくる方向を意味し、
巻き寿司をそのまま切らずに、その年の恵方を向いて、
喋らずに食べると良いとされています。

そのワケは、
まず長い寿司を食べることによって、
命を『長らえる』という意味があります。
そして恵方を向くのは、福を呼び込むため。
また喋らずに、というのは喋って福を口から逃さないため、
という意味があるそうです。

 

やいかがし

◆やいかがし◆
やいかがしとは、柊(ひいらぎ)の小枝と焼いた鰯(いわし)の頭を門口に挿したものです。
柊のとがった葉が鬼の目をつき、また鰯の臭さで鬼が逃げるという慣わしからだそうです。
ここでは、鬼は『病気』や『災い』を例えたものと言われています。

 

どうでしょう??
みなさまご存知でしたでしょうか?

今回ご紹介した内容は一部ですが、
日本の伝統的行事には、一つ一つ意味が込められていて深いですよね!
今年の節分は、また違った見方で楽しん頂ければ幸いです。

次回もお楽しみに~(^^)/