タグ別アーカイブ: ふるさと交流田

「ふるさと交流田」シリーズ!黒豆の「ていしょく」


 

■「ふるさと交流田」シリーズ!黒豆の「ていしょく」

先日(2015年6月20日)、神明本社ビルに早朝より集合し、三田市十倉に行き、

④
「ふるさと交流田」の横で黒豆の「ていしょく」を行いましたパンダ晴れ!

「あらかじめ料理の組み合わせを決めてある献立」の
「定食」ではなく、
「苗を苗床から移して、田畑に本式に植えること」の
「定植」です。_メガ~2

 

■早速作業に!

神明以外にもたくさんのオーナーさんがいます。
みなさん朝から熱心に作業をされています。
⑨

作業は、45cmごとにメモリの入った棒を置き、

② - コピー - コピー
45cmごとに穴を掘り、苗を植え、土をかぶせます。
③

虫に驚いたりうさぎビックリカエルに驚いたりビック~1しながら、作業も楽しんでやっています。

新入社員も作業をしています。拍手奥の方の担当です。
暑い中ですが、しっかり作業しています。顔_チラッ
⑥

 

■出来栄えはいかに・・・

作業を終えた後にこのように見ると、
中々きれいに苗の列ができています。ぽっ_~1
⑦

何回も「苗」と書いていますが、
作業に没頭するあまり、気が付いたときには
ほとんど植え終わっていて、
主役である苗の写真はこれ↓下しかなく、カレーパンマン驚く
①
苗床については写真もないです。すみません。ペコリ~1

真中が植えた苗ですが、
⑤
小さな苗がどれくらい成長するのか、楽しみです。しおち~1

 

ふるさと交流田_2015年5月3日_兵庫県三田市十倉


 

■ふるさと交流田から~水路の清掃

みなさん、こんにちは。

今回のブログは兵庫県三田市十倉のふるさと交流田からお送りします。

2015年第1弾の活動となる今回は「水路の清掃」です。

突然ですが、みなさん、おいしいお米は大好きですよね?

おいしいお米には「水」がとても重要です。

田んぼへ水を流す水路がふさがっていると大事な水が田んぼへ流れません。

水の流れを妨げる 水路の雑草を刈り取っていきます!

 

■いざ水路へ

 

CIMG8422

水路?

一見したところ「水路」かどうか分からないぐらい雑草が生い茂っています・・・

「この雑草全部刈り取るんですよね?」 「はい」 と自問自答してから

水路(?)と思われる草の茂みに突入します!

靴底には水の冷たさが、、、水路でした。

 

■雑草との戦い

水路には腰の高さほどの雑草が茂っています。

これらの雑草は昨年の秋に刈ったのですが、たった半年ですごい成長ですね。

CIMG8428

スコップや鍬で根こそぎ雑草を刈り取ります。

刈り取った雑草は水路脇のあぜ道へ積んでいきます。

刈り取って→あぜ道→刈り取って→あぜ道、、、を繰り返します。

雑草は茎も太く、力をこめて刈り取ります。

束になった雑草は重みを増します。

しかも水を含んでいるのでもっと重いです。

その重さに負けずあぜ道へスローイング!

CIMG8425 

黙々と刈り取ります。これもすべておいしいお米のためパンダ晴れ

 

■人類は勝ちました!

ジャングルのような雑草を根こそぎ刈り取りました。

これが水路です。

CIMG8435

CIMG8450

水の流れに心が癒やされます。

雑草たちの声が聞こえてくるようです

「また水路で会いましょう!

ビック~1

 

2014/12/13 太ねぎ剪定・洗浄・梱包作業


寒さが厳しくなってきたところ、8月に植えつけた’太ねぎ’の収穫が今月13日より始まりました。

今年は夏場の天候が良くない日が続き、台風と強雨で予定の定植作業が2回できず、

生産組合の方々にお願いすることになりました。

 

定植後の日照不足や一時的な気温低下などの気象条件で、

生育がどうかと思われましたが、何とか順調にきました。

 

今年の初回作業

準備を整えて

いざ開始!!

太ネギ1

夜露を避けて

前日の午後に掘り取られた太ねぎ

今年は少し伸びが足らず

土寄せが少なかったこともあり

白ねぎ部分が若干短いか?!

でも全体には太くて立派に生長!!

20141213-2

☆地上に出ている部分が青く、地中に入っている部分が白くなる。

よって生長にあわせて土を被せていくこと(土寄せ)で白い部分を作っていく。

20141213-320141213-4

準備が整ったところで、選定作業の説明を受け、

芽切鋏で根の部分を切り落とし、

土を払い表面を軽く剥き、白身の部分をだす作業

20141213-520141213-6

やってみると、なかなか難しいな~~

20141213-7

ここで曲がったものや、細いものの1回目の選別も実施

 

20141213-8

次に、婦人部の方々が表面の土等を

洗い落とし、ふきあげていく作業

このときに2回目の選別を実施

20141213-920141213-1020141213-11

洗浄場の奥で最終選別と太さに応じて

選定した商品作りを分業で手際よく実施

次々に商品が積みあがっていく。

20141213-1220141213-1320141213-14

3段階のチェックを経て選定された’太ねぎ’

青い部分も白身も食べられるのが特徴

この時期、鍋物にすき焼きや焼き物に、

最適な商品です。

ふるさと交流田_活動報告_十倉黒豆収穫


 

みなさん、こんにちは。

先日、メンバーから黒枝豆のブログがありましたとおり、行って来ましたよ! 収穫っ(^^)

 

待ちに待った収穫の日です!

10月11日(土)、当社神戸本社に集合した収穫班は、車で十倉へと向かいました。。

 

今日は、あいにくの空模様。。

ただ、作業をするには非常に良い気候です。

IMG_3926

 

本日、十倉では、黒枝豆畑を契約されていた方の収穫日でもありました。

契約者の受付所では、たまねぎや新米の販売なども行っていました。

にしても、たまねぎ安すぎませんか!!大丈夫なんでしょうか?

IMG_3930 IMG_3932 IMG_3933 IMG_3934

 

 

では、早速着替えて現場まで歩きましょう!

見てください!立派に育ってますね!嬉しいですね!

IMG_3937 IMG_3950

 

 

まずは、レクチャーを受けます。

①根本を探して、ガッツリバッサリ切ります。

IMG_3940 IMG_3952

 

 

②実を切らないように、葉を切り落とします。

IMG_3949 IMG_3943

 

③虫などに食われてしまった実なども切り落とします。

IMG_3946 IMG_3947

ということなのですが・・・。。

 

では、やってみましょう!

IMG_3953 IMG_3954 IMG_3955 IMG_3957

 

これはなかなか、腰がイタイ。。

根本から切った黒枝豆を、地元の方々によって、カマでおおまかな葉をバッサバッサ切っていきます。

手慣れたものです。脱帽です。。

IMG_3958 IMG_3963 IMG_3964 IMG_3966

 

 

では、腰掛けて、葉をカットしていきましょう!

IMG_3968 IMG_3969

 

 

「これ、結構時間掛かるやん!ちょっと巻かないとヤバイんじゃない?」

「たしかにっ!」

「はい!どんどん持ってきますよ~!」

「え゛(T_T)」

IMG_3970 IMG_3971

 

これは、大変な事態です!とても×2 時間が掛かることに皆が気づきました!! 地元の方以外・・・(笑)

 

とは言え、適当にハサミでチョキチョキする訳にもいかず・・・、繊細な作業が続きます。。

IMG_3973 IMG_3975 IMG_3984 IMG_3985

 

一旦ここらで休憩た~いむ!としましょうか (^^)

作業中の黒枝豆にはブルーシートを掛けて水分の蒸発を抑えます。

IMG_3986 IMG_3987

 

 

近くのお食事処でのお昼ごはんです。 ちなみに~、食べたものは~??

IMG_3991 IMG_3992 IMG_3994 IMG_3995

 

とんかつに、カキフライ、そして、いくらとサーモンの丼でございまーす!!

いや~、どれも最高っ!たまらんッス!(*_*)

 

しかし、ゆっくりしている時間はありません! ごちそうさまでした!

ササっと済ませて、黒枝豆作業に戻ります!!

 

午後からは、地元の方も増員いただき、作業に望みます!

IMG_3997 IMG_3998 IMG_3999 IMG_4000 IMG_4001 IMG_4002 IMG_4003 IMG_4004

 

 

かなり手強いヤツが出てきました!いざカットカット!!

Before

IMG_4009

 

 

After

IMG_4010

 

なんということでしょう!(笑)  とても美しい、立派な黒枝豆になりました!

 

作業を終えた頃には、もう夕暮れ時。。

 

IMG_4016 IMG_4024

 

 

片付けを行い、作業完了となりました。 みなさんお疲れ様でした!

IMG_4021 IMG_4030

 

 

最後に恒例の記念撮影でシメっ!

IMG_4033

 

 

三田十倉の黒枝豆を見かけましたら、是非食べて見て下さいね!

と~っても美味しいですよ!

 

最後になりましたが、十倉の皆様方、ご協力いただきありがとうございました。

ふるさと交流田_活動報告_東徳久キャベツ定植作業


 

みなさんこんにちは。

今日はふるさと交流田の活動報告をしたいと思います。

 

ひまわりをご紹介しました、兵庫県佐用郡佐用町東徳久では、キャベツの播種、定植作業が行われました。

 

128個の穴が空いたセルトレイに培土を敷き詰め、ローラーでクボミを付けます。

0910_2 0910_3

 

 

専用の板の上に種子を広げて、穴の中に落とし込みます。

0910_4 0910_5

 

 

その上に土を被せて角材で上面を慣らし、散水します。

0910_6 0910_7

 

 

 

播種から1週間後経つと・・・

0910_8  可愛らしいですね。

 

更に2週間ほど経ちますと・・・

0910_9 定植できるまでに成長します。

 

いよいよ定植です。土を慣らして準備万端です!

0910_10

 

 

まずは、機械で植えていき、手で補植します。

0910_11 0910_12

 

 

晴天で陽射しが強いこともあり、給水は非常に重要なんです。

用水路からポンプを使って湿らすかんじで水を撒いていきます。

圃場の両端には、溝が掘られ、用水路から直接注水します。

0910_13 0910_14

 

 

立派に育ってくれるといいですね!