タグ別アーカイブ: あかふじまるもち

三田まるもちを発送!!


こんにちは、イエローです60あかふじイエロー

この時期に弊社で毎年見られる光景・・・といえば、

「もちの発送作業」です手。パ~1

社員一丸となって、トラックから降ろす⇒積む⇒梱包⇒発送 を進めていきます。

今回の発送先は、主に弊社社員への社内販売となります。

毎年、このもちを楽しみにしている社員やそのご家族がたくさんいらっしゃいます。

画像3

画像4

風景2

この「兵庫県三田まるもち」は、焼くとやわらかくて伸びが良いと評判なんですよもちく~1

神明三田丸もち

※益屋 宝塚店・西宮店、および

町のお米屋さんでも、一部取扱頂いています。

もちの出荷作業が終われば、年末がすぐそこにきていると実感!

一段と寒くなりました。

体調を崩さないように、お気を付け下さいね!

ふるさと交流田_活動報告_十倉黒豆_ヤマフクモチ


 

みなさんこんにちは。

今日はふるさと交流田の活動報告をしたいと思います。

 

9月28日の十倉地区、黒大豆の生育状況です。

1009_1

 

 

9月に入って日射量も増し青々と大きく育っています。

1009_2

 

 

8月の開花時期に日射が少なかったので実付きが心配されましたが、

立派な実がたくさんついてきています。

1009_3

 

今週11日(土)には、収穫が行われる予定です。

その模様は、またレポートしたいと思います。

 

そしてヤマフクモチも、見事に育っています!

1009_4

 

こちらは、10月4日に収穫を行いました!

 

日照不足の影響もあり、昨年より1週間遅い収穫となりました。

台風18号の接近前の貴重な1日です。

1009_5

 

1009_6

 

 

刈り取り次第、ライスセンターへ運びます。

1009_7 1009_8

 

 

ライスセンターに運ばれた後、

もち米たちは、当社製品 ” あかふじもち ” の原料となります。

とっても美味しくてリピーターの方も多い商品です!

まるもち

早く食べたいですね!(^^)

ふるさと交流田_兵庫県三田市十倉・東徳久地区(佐用町)


 

みなさん、こんにちは。

梅雨なのに、雨が全然降らないですよねー。

そして、とても×2 暑いっ!

毎年、こんな感じでしたっけ? って、毎年言っているような気がするぅ~(笑)

レッドです。

 

とんでもない ツカミ から入りましたが(汗)、、

今日は、ふるさと交流田の活動レポートをしたいと思います。

ではさっそく。

 

さかのぼること 5/31。

兵庫県三田市十倉では地区全体で “ヤマフクモチ” の田植え作業を行いました。

今日は、先週のキッズ社員(キッザニアの子供たち)の応援はなく、大人だけの作業です。

yamafuku1

 

 

 

にしても、広いですねー。

地域全体で、ということですので、あちらこちらで作業を目にすることができます。

yamafuku2 yamafuku3

 

 

 

ところで、今日は、ヤマフクモチの田植えですが、

見た目、どれも同じ苗にしか見えないですね。。

コシヒカリなどの苗と、間違ったりしないのでしょうか?

 

それは、ベテランの目に掛かれば簡単に見分けられ・・・・・ るワケないです!(笑)

スミマセン。。

ちゃんと苗を入れる箱の “色” で区別を付けてありました!

yamafuku4 yamafuku5

左側、黒い苗箱が <コシヒカリ>              右側赤い苗箱が <ヤマフクモチ> です。

苗だけ見たら、やっぱり同じにしか見えませんね・・。。(汗)

 

 

作業を効率よく行えるように、圃場に合わせて5、6箱ずつセットしておきます。

yamafuku6

 

 

 

あとは、ベテランオペレーターの手際よい作業で順調に作業をこなしていきます。

yamafuku7 yamafuku8

 

 

このヤマフクモチは、圃場近くにあります 『つくしの里』 で、

とってもおいし~い “お餅” になって販売されていますっ!!

JA兵庫六甲さんのHPで紹介されていますので、ご覧ください。↓

http://www.jarokko.or.jp/Contents/Agri/Maestro/StageActor/2008/08/

 

当社の餅製品、”あかふじもち” も、このもち米から作られているんですよ!

yamafuku9

これからの生育が楽しみですね!

近隣小学校の課外活動でもヤマフクモチの田植え体験が行われ、

収穫後には、餅つき体験も行われる予定だそうです。

つきたてのお餅、是非食べてみたいですねー!(砂糖+醤油=最高っ!)

 

 

 

で、ですね、今日はもうひとつ活動報告を。。

時は6/3。

神戸から車で約1時間半のところに、

兵庫県佐用郡佐用町  東徳久(ひがしとくひさ) というところがあります。

この地区では、”お酒” などの、加工用として扱われるお米を生産します。

加工用米の田植えは、今年が初めてということで、

圃場整備の整った、抜群の環境で生産されます。

higasitokuhisa1 higasitokuhisa2

 

 

当日の田植えは、田植機2台を使って行いました。

higasitokuhisa3

 

 

圃場毎に”番号” と “面積” を記載した支柱を立て、

地区管理している『栽培物一覧図』と一致させ、今後の作業進捗を管理できるようにしています。

higasitokuhisa4 higasitokuhisa5

higasitokuhisa6  ←10ha(=100,000平方m、正方形なら辺316.23m)

 

 

佐用町は “ひまわり祭り” でも有名です。

今年も7月19日~8月3日までの期間で開催される予定で、

期間中は直売所やひまわりプレゼントなどの催しがあるそうです。

higasitokuhisa7

http://www.himawaribatake.net/sayo.php

 

ここ、東徳久地区では、前半の1週間ほどでお祭りが行われます。

今はその準備をしています。

higasitokuhisa8 higasitokuhisa9

 

 

ひまわり好きの方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?