カテゴリー別アーカイブ: 潜入シリーズ

カネス製麺☆工場見学


 

みなさん、こんにちは

あかふじライムですあかふじライム5

 

今日は、神明グループのカネス製麺を訪問しました。

カネス製麺は、兵庫県たつの市に本社を構え、乾麺を製造している会社です。

主に、そうめんそば中華麺などの乾麺を製造しておりますが、

みなさんになじみのある商品と言えば、「そうめんやっぱり揖保乃糸」

その組合員でもあり、製造・販売もしています。

カネス製麺6

 

今回は、その製造工場に潜入

この日、見学に行ったときには、そばとそうめんを作っていました。

そばアレルギーの方もいらっしゃるため、完全に別のラインで製造しています。

定期的な清掃のほかにも、アレルギー対策や異物混入を防ぐため、様々なチェック項目があります。

カネス製麺4

 

 

生地をこねて、機械で薄く伸ばしていきます。

長~い1枚の生地を麺の形にカットはさみ

 

 

カネス製麺3

 

 

乾麺の種類によって、カッターのサイズを変え、

麺の太さを調節しているそうです。

 

カネス製麺5

やわらかい麺を乾燥室でじっくりと乾かし、湿気を飛ばします。

整列してやってくる麺に圧倒されました!

これをさらに食べやすいサイズにカットして、乾麺の完成です拍手

カネス製麺8

 

ライム「そうめんのはじっこ」と呼んでいたこれ手!指

乾かして棒に引っ掛けているところの麺なんですね~

「そうめんのバチ」と呼ばれるそうです。知らなかった!

 

カネス製麺2

商品によっては、一つずつ手作業で梱包しているものもあるとか。

そして商品は、一度ラック倉庫に保管され、寝かします。

温度・湿度を管理し、ある程度寝かせることで、品質を一定に保つそうです。

 

カネス製麺1

 

 

お昼ごはんは、近くの「揖保乃糸そうめんの里」へ!

カネス製麺7

そうめんはもちろん、いかソーメンも。

小皿の太巻きに見えるお寿司・・・

実はこれ、ご飯の部分が全部そうめんでした!そうめんの太巻き、お家で作ってみたいですね。

カネス製麺の社員によると、

「姫路エリアはそうめん大好き、みんな季節関係なく食べるんですよ。」との事!びっくり

 

カネス製麺では、様々な商品展開をしており、

中でもライムがぜひ食べてみたいのは「野菜の乾麺」です!

人参やほうれん草が混ぜ込まれており、カラフルな麺なんだとか・・・。

 

手間暇かけて作られている乾麺の工場潜入レポでした!

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

カネス製麺:公式サイト

 

 

焼肉まる秀 国分寺店open ~その2~


みなさまこんにちは!

前回に引き続き、「焼肉まる秀」さんの潜入レポートです。

 西武国分寺線 鷹の台駅より徒歩12分の場所にあります。

まる秀4

まる秀2

 当社からもお祝いを贈らせていただきました。

まる秀1 まる秀3

入り口では職人の社長自ら「安くて旨い肉と米を腹いっぱい食べてほしい」
と迎えてくれます。

まる秀5

入り口を入ると「薩摩牛」と、「米」の妹背牛町の取り組みを示したポスターが貼ってあり

商品をしっかり消費者に伝えてくれています(ありがたい!)

まる秀6

このお店は霜降り高級薩摩牛が1,290(イイニク)円、794(ナクヨ)円、593(ゴクミ)円とリーズナブルに
美味しく食べられるのが特徴です。

まる秀7

これでもかっっ!!という霜の降った肉は、採算が取れるのかと心配になるくらい
美味しいです顔おいしい

まる秀8

それに合わせて「大盛盛」なるどんぶり飯のマンガ盛りごはん食べ物~1
298円と格安で提供してくれます。
ビールやサイドメニューも298(肉屋)円と驚きのプライスで、
ますます肉とご飯が進みます。

脂ののったお肉にご飯の組み合わせは最高です。
いいお肉とごはんで1人3,000円でお腹一杯になるから、食べ放題よりもリーズナブルかもしれませんね。

 

 お近くにお越しの際にはぜひお試しください!

筋肉_1~1 筋肉_1~1 筋肉_1~1

店名    焼肉まる秀 国分寺店

TEL     0423594229

所在地   東京都国分寺市北町2-1-1

交通手段  西武国分寺線 鷹の台駅より徒歩12分

営業時間   [平日] 11:30~15:00 17:00~22:00 受付は終了30分前まで

      [土曜日] 11:30~22:00 受付は終了30分前まで

      [日曜日] 11:30~22:00 受付は終了30分前まで

      [祝日] 11:30~22:00 受付は終了30分前まで

      [祝前日] 11:30~15:00 17:00~22:00 受付は終了30分前まで

 

 

焼肉まる秀 国分寺店open ~その1~


 

みなさまこんにちは!

神明 東日本営業部の営業マンより、新しい取り組みのレポートが届きました。

早速ご覧ください!

△右向き△右向き△右向き

当社の取引先であるアントワークスさんの新業態、
和牛をリーズナブルでたくさん食べられるお店
焼肉まる秀 国分寺店」が、2019年5月24日にオープンしました。
https://tabelog.com/tokyo/A1325/A132502/13234709/

まる秀4

こちらのお米は北海道の妹背牛(もせうし)町
生産者が作ったお米「ほしまる」で、当社経由で供給されています。

まる秀5

こちらのお米は・・・

今後の農業人口の減少、作業の省力化に向けて妹背牛地区で25年前から
取り組み続けている直播で、美味しいお米を効率よく生産しています。

<直播(ちょくはん)とは?>

水田に育てた苗を植える従来の方法(移植栽培)に対し、水田に直接種をまいていく栽培方法です。直播栽培は、育苗、田植えの省略により稲作の大規模化・低コスト化・省力化のためのキーテクノロジーとして、特に有望視される技術です。

妹背牛町の生産者は比較的若い方が多く、「自分たちのお米をもっと全国に広めたい!」と意欲的に取り組んでいらっしゃいます。
今回は初めての取り組み実需者ということで、アントワークスさんが手を挙げてくださいました。

実際の「直播」の様子です。

妹背牛町直播2

広大な田んぼが広がっています!この面積の苗を準備するとなると、大変な労力がかかります。

妹背牛町直播1

妹背牛町直播3

田植え機が通過した田んぼをよく見てみると・・・

妹背牛町直播4

苗ではなく、直接種籾がまかれているのが分かりますね。

 

大事に育てられた「ほしまる」を、黒毛和牛の焼肉と思う存分いただけるお店

「焼肉まる秀」国分寺店さんの潜入レポートは、次回のブログでお伝えします!

 

 

食の安全!新人研修第2弾☆


 

みなさん、こんにちは

あかふじライムですあかふじライム5

 

研修第2弾、今回は富山県にあるパックごはんの製造工場「株式会社ウーケ」へやって参りました。

2019ウーケ1

この度、ウーケは第3ライン工場を竣工し、稼働し始めました。

今回の研修は、この竣工式典の前に行われ、

新入社員たちには、工場見学はもちろん、第3ライン稼働におけるとても重要な検品作業に行ってもらいました。

2019ウーケ5

大阪駅から特急サンダーバードと新幹線を乗り継いで富山へ。

少し曇り空の富山駅、4月ですがまだ肌寒いです。

 

 

今回のウーケ研修では、半日かけて新ラインで製造したパックごはんのサンプルを検品します。

サンプルの数はなんと8000食!びっくり

 

 

 

2019ウーケ3

新人23名と引率チームのライムあかふじライム5オリーブあかふじオリーブ(アイコン)も参加!

 

繰り返しになりますが、この検品作業は非常に重要な作業です手!指

お客様にご購入いただき、お口に入る食べ物です。

2019ウーケ4

 

異物は入っていないかチェックする事はもちろん、

正しく炊き上がっているか? カビは生えていないか?

きれいに蓋がされているか? 異臭や変色はないか?

などなど、様々なチェック項目を人間の目で確認していきます。

 

2019ウーケ2

もちろん、この検品作業以外にも品質検査は入っておりますのでご安心ください!

 

新入社員には、この研修を通して、食の衛生管理の大切さとウーケにおける品質の高さ管理の厳しさを学んでもらいました。

 

お昼ご飯は、やっぱりウーケのパックごはんごはん

チン!するだけで炊き立てそのままのほかほかごはんが食べられるので、やはり便利ですね。

さすが製造工場…ごはんごはんごはんパックごはんは食べ放題の大サービスごはんごはんごはん

2019ウーケ7

 

 

昼の休憩の後、検品作業を再開。

8000食なんて、途方もない数…

ようやく最後の1食を検品し、作業終了! お疲れ様でした拍手

この検品工程を終え、ウーケ第3ライン製造分の出荷が可能となります。

 

 

ウーケ研修後半戦は、第3ラインの工場見学です。

2019ウーケ6

第1、第2ラインと同じく、第3ラインにも人間は進入すると、全機械が停止するクリーンルームがあります。

このエリアがある事で、無添加で長期保存が可能な「無菌包装米飯」の製造が実現するんですね。

富山の名水米どころの美味しいお米ウーケの高い技術力

この3つが揃ってパックごはんが作られています。

 

ここからは、いよいよOJT研修へ!

営業、仕入れ、店舗、工場。

現場と現物を見て、感じて、理解する。

そして自身の成長に繋げていってほしいです四葉てんとう虫

 

 

あまらぶ体験隊第29弾「城下町レトロ甘味&お城クッキー」に参加!~その2~


 

みなさまこんにちは!

あかふじハート~4ブルー 60あかふじブルー です!

先日、平成最後のお城「尼崎城」の再建に沸く阪神尼崎駅周辺で開催されたイベントに参加してきました。

イベントチラシ

今日は、~その1~に続きまして、~その2~をお届けします。

「恵比須堂」さんを後にし、寺町を歩くこと10分。

「琴城ヒノデ阿免本舗」さんに伺いました。

ヒノデ阿免_2

 

蔵のような素敵な建物です。分かっているだけで約140年の歴史があるそうです。

ちなみに店名の「琴城」とは、尼崎城のことです。

ヒノデ阿免_1

商品は、水飴と固形の飴の2種類のみです。ギフトにぴったりの素敵な化粧箱に入れて販売されています。

ヒノデ阿免_3

水あめと生姜をお湯で溶いた「あめ湯」をふるまっていただきました。ヒノデ阿免_5

こちらが「ヒノデ水飴」です。

 お箸をしばらく口に含んでいると、スッと飴が喉に滑り込みました。ヒノデ阿免_4

原材料はお米のみ!そのため優しい甘さが口に広がります。煮魚など料理に使われることも多いとのことです。

完全な手作業で、水飴ができるまで3日かかるそうです。

140年以上同じ製法で作られていますが、いまだに失敗することもあるというデリケートな商品です。

 

ヒノデ阿免

固形飴です。お土産にいただきました。飴を固めるために砂糖が使われています。ゴマの風味が香ばしいです!

もともと水飴は固形飴の原料でしたが、お坊さんが喉のために水飴を所望したことがきっかけで、水飴の販売を始めたそうです。

今では落語家や歌手など、声を使う職業の方に愛用されているそうです。

現在、こちらのお店でしか購入することができません。

お土産にぴったりのこちらの商品。ぜひお店で試食してみてください!

店名  琴城ヒノデ阿免本舗 久保商店

住所  兵庫県尼崎市開明町1-36

電話  06-6411-0340

営業時間 9:00~19:00

定休日 日曜祝日

~その3~に続く