カテゴリー別アーカイブ: キッザニア甲子園

アウトオブキッザニア第4回プログラム


アウトオブキッザニア 製品作りの模様をお伝えします。

前回の活動は稲刈りでした。(前回の模様はコチラより。)
今回は収穫したお米を商品として袋詰めする作業を行います。

作業に入る前に先輩社員によるお米の講座がはじまりました。

6 年間仕入れ量は?5 工場に届くまでの流れは? 

みなさん真剣です。

8 有馬先輩社員からお米の等級について学ぶ10 実際の玄米で確認 

スクリーンを使って工場の仕組みや、当社独自のコンピューターシステムも紹介しました。

15 西宮浜工場の規模、役割は? 16 生産システムの特徴は?

白衣に着替え、工場内に潜入!クマめがね

普段、一般のお客様による見学を安全面の考慮から受け入れていません。本日特別です。

17 実際に工場内を見学する

張り込み と呼ばれる原料投入工程です

19 先輩社員が実演

実際に挑戦してみました。とにかく重いです!

20 張込作業を体験 21 張込作業を体験

微細な異物も検知する 選別機にも興味津々です

25 精米の工程を学ぶ

会議室に戻り、製品作りの下準備をしました。商品に封入するメッセージの作成です。

30 商品に入れるメッセージカードを作成する

製品パッケージに自分達がデザインしたラベルシールの添付作業を行いました。

31 商品づくり開始 33 自分たちでデザインしたラベルを貼る

販売時に店頭で使用するPOPも手作りです。売れ行きを左右するのでみんな真剣。

37 POPづくり 38 POPづくり 39 POPづくり 41 POPづくり

白衣を着、もう一度工場内に入り、最終の袋詰め作業を行いました。

48 パッケージ作業

46 パッケージ作業47 パッケージ作業

完成です!クラッカー右向 販売当日が楽しみです!

51 商品の完成

自分達で作った商品とともに記念撮影。カメラ

65 集合写真

次回はついにアウトオブキッザニア最終回

製品販売

となります。

田植え、収穫、製造、すべてに携わった商品を一般のお客様に販売します。

11/13(日) さんだ農業まつり にて販売ブースを出店します。

みなさんのお越しをお待ちしています!ペコリ~1

さんだ農業まつり特設会場(パスカルさんだ)
兵庫県三田市川除
079-563-4192
(JA兵庫六甲三田営農総合センター)

アウトオブキッザニア&ふるさと交流田ブログ


今年もいよいよ稲刈りの時期となりました拍手

好天にも恵まれ、絶好の農作業日和ですパンダ太陽

キッザニアの子供たちは、まず座学から
組合長の坪ノ内さんより稲穂について説明を受けます
写真1
熱心に聞き入る子供たちクマめがね
写真2
グループごとに稲穂が配られ、実際に触れてみます
写真3
一方その頃、ふるさと交流田メンバーと言えば、収穫間近の豆畑です
写真4
子供たちが座学の間に雑草抜きの作業をおこないました
せっかくの土の恵みを雑草に持っていかれたら勿体ないですからネ
写真5
カエルぴょんや、虫くんもそこかしこに潜んでいるので女性は大変です
あちこちで絹を裂くような声が・・・(笑)顔_汗
写真6
午後からいよいよ稲刈り開始です
5月に植えた稲が、今はすっかり過ごしやすくなった風に吹かれ黄金色にたなびいています
写真7
刃物を使いますので、子供たちも緊張の眼差し
写真8
いよいよ刈り取り
最初は手元が覚束なかった様子でしたが、組合の皆様のご指導もあって上手に刈り取っていきます
写真9
ふるさと交流田メンバーも参戦!
頑張れ~うさぎ応援
写真10
最後は文明の利器の登場!
その速さは感動です
写真11
子供たちは記念撮影カメラ
ふるさと交流田メンバーも作業を終えてほっと一息
写真12 写真13
今年も無事稲刈りを終えました

毎年のことながら、このイベントを終える頃から秋を感じ始めます
食欲の秋が待ってますよ~(笑)
写真14

アウトオブキッザニアレポート~お米博士への道


前回の田植え編に引き続き

今回のアウトオブキッザニアは「お米博士への道!」です。

■お米博士への道 その1 お米の炊き方

おいしいお米の炊き方を当社社員がレクチャーします!

変換 ~ 10炊飯レクチャー

おいしいお米を炊く秘訣は「重さ」。

炊飯器の目盛で水の量を図ると、微妙な誤差が出ます。

お水の量を重さではかることがポイントです。

変換 ~ 10お米計量① 変換 ~ 10お米計量② 変換 ~ 10お米計量③ 変換 ~ 10お米計量④

洗米は、たっぷりの水で軽くかき混ぜます。ゴシゴシ洗うとお米の栄養が逃げてしまうので注意ですクマめがね

変換 ~ 11洗米

■お米博士への道 その2 お米の授業

変換 ~ 20米の種類レクチャー①

次は当社社員によるお米の授業です。

一見同じように見えるお米でも、産地や銘柄によって外観、食味、、、など違いがあります。

変換 ~ 20米の種類レクチャー③ 変換 ~ 20米の種類レクチャー⑤ 変換 ~ 20米の種類レクチャー⑦ 変換 ~ 20米の種類レクチャー⑧

甘味が強いお米や、粘りが強いお米など、、、比べると確かに違います目_星

 

■お米博士への道 その3 田んぼでの実地作業

座学の後は田んぼへ移動しました車。稲が前回来た時よりも大きくなっています涙

変換 ~ 70圃場風景② 変換 ~ 70圃場風景③

変換 ~ 60雑草のレクチャー①

十倉営農組合 坪之内代表理事による稲の授業。

変換 ~ 80稲の生育状況レクチャー①

除草作業も体験しました。

変換 ~ 90除草作業① 変換 ~ 90除草作業② 変換 ~ 90除草作業③

暑さにめげず。。。太陽晴れ

変換 ~ 90除草作業⑤ 変換 ~ 90除草作業⑥  変換 ~ 90除草作業⑧

最後までがんばりました!ミッキー汗

変換 ~ 91稲穂 変換 ~ 91作業風景

成長が楽しみです!!2

■お米博士への道 その4 活動報告

今日一日の取組をグループごとに報告します。変換 ~ 95学習したことの発表① 変換 ~ 95学習したことの発表② 変換 ~ 95学習したことの発表③

普段何気なく食べているお米について知らないことがたくさんありました。家族にも自慢したいです!

■次回のアウトオブキッザニアは? 待望の稲刈り!

アウトオブキッザニア第3回は稲刈りです。稲刈り

稲たちの生長が待ち遠しいです!こうご期待!

変換 ~ 99集合写真①

2016年アウトオブキッザニア~田植え編~


今年もやってまいりました
アウトオブキッザニア♪
今回は当社がおこなう「ふるさと交流田」との共同併催で「田植え」をおこないます。kao-1

①

ユニフォームも新しくなりました

②サイズ変更

 十倉の皆様今年もお世話になります!

④
ふるさと交流田メンバーも合流!

⑤サイズ変更
田んぼへ車
今年も綺麗な水にカエル君(ちゃん!?)がたくさん集まってましたよ%E3%81%8A%E3%82%93%E3%81%B7_mCAUJA023

⑥
いよいよ田植えの開始です。
ぬかるみに足を取られながらも、果敢に田んぼに入って植えていきます
⑧サイズ変更
表情は真剣そのもの!

⑨
ふるさと交流田メンバーも子供たちに負けずに頑張ってます!

IMG_7534 IMG_7543

IMG_7528_1 IMG_7529_1

ここで文明の利器が登場!
手植えしきれなかった部分をガンガン植えていきます肉球↓

⑪サイズ変更

最後は集合写真をパチリkao-3

まだ始まったばかりですが、これから収穫まで頑張っていきましょう!

⑬サイズ変更

アウトオブキッザニア 最終回「販売体験」!


1

田植え→お米の座学→水田の手入れ→稲刈り→製品作り、、、と

一連の農業活動体験もついに最終回を迎えました。

最終回は【販売体験】です!

自分たちが作った製品を自分たちの手で販売します。

たくさん販売できて嬉しい!と良いのですが、思ったよりも販売できないことも考えられます。

果たしてどうだったのでしょうか?

販売の舞台はこちら手。つ~1

さんだ農業まつり

販売ブースの設営から始まります。

IMG_6554IMG_6555

こちらが販売する手作り商品です。

IMG_6556

商品案内も手作りしました。

IMG_6569IMG_6579

準備完了!いざお店の前に立つと。。。緊張します。。。汗

IMG_6562

お客さんです!

IMG_6566

次々来ていただきました!

IMG_6568IMG_6572

「このお米はどこで穫れたの?」お客さんの質問に丁寧に対応します! IMG_6578IMG_6577

IMG_6576 IMG_6570

売上はどうだったのでしょうか? はやる気持ちを抑え、2日目に続きます。

2日目はあいにくのお天気。

IMG_6603

その分、気持ちでカバーします!積極的に商品の良さをアピール。

IMG_6628

効果てきめん!

IMG_6631IMG_6633

自分たちからお客さんの元へ。販路を開拓!

IMG_6677 IMG_6676

商品の取り置きを希望されるお客様のためにも臨機応変に対応。

IMG_6683IMG_6684

終了までもう少し。。。

IMG_6687 IMG_6686

2日間の販売活動を無事終えました!拍手

初めは緊張しましたが、次第に慣れ、お客さんに積極的にかかわることができました。

IMG_6553IMG_6699 IMG_6696 IMG_6697

2日間がんばった結果、全商品を売り切ることができました!拍手

キッズ社員の皆さんは

川上から川下まで一気通貫の農業体験を通して、貴重な経験が積めたのではないでしょうか?

そんな手助けが出来れば当社として最高の喜びです。

当社としても参加いただいたキッズ社員の皆さんから多くの事を学びました。感謝の気持ちでいっぱいです。

なお、子どもたちからの要望も受け、売上は全額寄付させていただきます。

IMG 6580-1

最後になりましたが、当社の理念にご賛同いただいたご父兄の方、

また、終始サポートいただいたキッザニアスタッフの皆様には、大変お世話になりました。

この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。

1