カテゴリー別アーカイブ: ふるさと交流田

マイとトムの研修実録


 

新入社員の最後の研修となりました!

5月に自分たちの手で植えた稲を刈り取ります。

楽しげな稲刈りレポートをどうぞ!えんぴつ

~~~~~~~~~~

マイ「この度、JAたじまのふるさと但馬米交流田にいってきました!

ここは前に田植え体験もさせて貰ったよね~。無事に稲は育ってるかなぁ?」

たじま1

Tom「ほな見に行こかー!

うおー!!この前めっちゃ強烈な台風来てたのにちゃんと育ってるやんけえ~!!

で、今日は何する予定なん?」

たじま2

マイ「今日は、田んぼの生き物調査と稲刈り体験!早速田んぼに入って捕まえるで~。

どっちがたくさん捕れるか勝負!!」

たじま4

Tom「ええで、じゃあトムが勝ったら、タコヤキおごってもらうで!!あっ!Frogおった!

他にも、トンボ、バッタ、イナゴ、蛾、イモムシ、いっぱい捕まえたで!!貴様は?」

 

マイ「貴様て!せめて貴方とかがよかった…明日から今以上に厳しく日本語の勉強や、覚悟!まあそれは置いといて。

私はこおろぎと蜘蛛も捕まえたで~。でも悔しいけど量はトムの勝ちかな…。

たじま3

本で調べてみたら田んぼの生き物って植物とか昆虫とか色々あわせると5668種(桐谷圭治編「田んぼの生きもの全種リスト」より)もおるらしいわ。さっきサギとかトンビも頻繁にみかけたし、田んぼってほんまに生き物がいっぱいおるんやなあ!びっくり

 

 

そういやトム、“益虫”(えきちゅう)“害虫(がいちゅう)”って知ってる?

簡単に言えば、益虫っていうのは田んぼに良い影響害虫は悪い影響を与える虫ってことやねんけど、

イナゴとかカメムシ穂から養分を吸ったり葉をかじってお米に色をつけたりするねんな、で、それが品質や等級を下げる要因になって、結果的に悪い影響に。

でも反対に益虫のカエルとか蜘蛛その害虫たちを食べてくれるから、

農家さんたちにとっては大助かりってわけ☆クルクル

 

Tom「トムもJAのおじさんから聞いたで!

害虫を駆除するために農薬を使ったりするけど、それをやっちゃうと益虫も死んでもうて、生物の環境にはよくないらしいな。

今回俺らが刈ったんは、特別栽培米っていって、

慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、

節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培されてんねん。

さらにJAたじまさんでは、コウノトリのエサとなる生き物が育つ環境づくりに取り組んでるんやって!

秋には田んぼに住む生き物のために、堆肥や米ヌカなどを散布したり、冬も田んぼに水を張って生命を育んで無農薬・減農薬での米づくりをやってて、種子の消毒にも農薬を使用しないなどの『農薬に頼らない強い米づくり』にも取り組んでいるらしいで。」

コウノトリ育むお米を買いたいって思った方は、ぜひ益屋をのぞいてみてください!

益屋表

 

 

マイ「あ~コウノトリのお米聞いたことある!あの上野動物園のシャンシャンも食べたってやつやんな。ま、私はパンダといえばやっぱアドベンチャーワールドやけどなあ。なんつって(関西魂!)

ん!なんかいい匂いする~あ!あれはもしや…

 たじま5

お釜で炊いたご飯!しかも新米!おこげも良い感じで美味しそう~!虫捕まえるのにはしゃぎすぎてお腹ぺこぺこやったねん、早速いただきますー!やっぱり外で食べるご飯は最高!

それも、私たちが今回研修でお世話になってる“ふるさと但馬米”やからか更に美味しく感じるわ~ハート薄ピンク

たじま6

田んぼはお米をつくるだけじゃなくて、たくさんの生き物を育てる役割りもあって、

それを管理したり維持したりするのが農家さんで、

その農家さんを支えてるのがご飯を食べる私たち消費者っていう、

環境と農業と食は全部繋がってるってことを改めて感じることができたわ。」

 

Tom「俺ら日本人にとって、お米は当たり前にあるものやと思ってたけど、いろいろ奥が深いねんなぁ。

満腹になったし、これから稲刈りまんでぇーー!!!

たじま7

俺、初めてコンバイン乗るわー!頭文字Dみたいに、ドリフトしながら稲刈りしたろー!!

 

ぶいーーーーんごおーーーーーーーがらがらがらうぃーーーーーん

 

あ、ドリフトできんかったわ。けど、稲刈りって機械でやるから、田植えをしっかりきれいに列を揃えてしとかんと刈り取りにくいねんな!ほんまここ田植えしたやつ誰やねん(笑)

そういえば、コンバインってただ稲刈るだけやと思ってへん?

実は脱穀と選別もできんねん手!指

脱穀っていうんは、お米の部分『籾(モミ)=外皮(籾殻)の付いたままの状態』を、稲の茎の部分(藁)から外すことやねん!

ほんで、コンバインの本体内では、単に脱穀するだけではなくて、選別もしてんねん。選別は風力で籾を吹き飛ばして軽いもの(実の入っていないもの)を吹き飛ばすんやで!

みてーー!!モヒカン!!

たじま8

マイ「あートムもこの前までモヒカンやったからお揃いやね~ってなんでやねん!

にしても今年は猛暑できちんと育つか心配やったけど、ほんまに立派で綺麗な稲やなあ。

これまで田植え~稲刈りまで研修として体験させてもらったけど、普段私たちが食べてるご飯がこんな風につくられてるって知れてすごい勉強になった!

このこと忘れずにこれから私たちは生産者の方たちのことをもっと知って、寄り添って一緒に農業を考えていかなあかんし、その想いをお客様に伝えたり逆にお客様の声を生産者の方たちへ伝えたりしながら、日本のお米や農作物をもっとたくさんの人に届けていかなあかんね。トム!これからも一緒に頑張って行こね!」

 

Tom「Of course!! これからもしっかり学んで、農業のことについて考えていきたいな!!」

 

 

マイ・Tom「全農兵庫、JAたじま、ふるさと但馬米振興会のみなさん!!ほんまおおきに!!!」

たじま9

※登場人物はフィクションです。写真は実際の写真です。会話内容は脚色しています。

 

~~~~~~~~~~

新入社員の皆さん、お疲れ様でした!

田植えシーズン到来!


 

みなさん、こんにちは。

あかふじライムですあかふじライム5

 

今年も、田植えの時期がやって参りました!

我々神明もつい先日、三田・十倉のふるさと交流田へ田植えに行きましたよ。

 

私ライム、実は田植え初挑戦あかふじライム5

その様子を、ご報告。

 

 

田植え当日はあいにくの雨模様パンダ雨

IMG_1564

小雨が降ったり止んだり、向こうの山がかすんで見えます…

気合を入れて頑張ります!

絶対尻餅つかないぞ…!手。パ~1

 

 

十倉営農組合の皆様に苗の扱い方や植えつけ方を習います。

苗は真ん中あたりまでグッと土の中へ植えつけます。

深すぎると、水を張った時に根腐れを起こし、

浅すぎると、立ち上がらなかったり流れてしまったりします。

IMG_1583

風も強くて少し肌寒いくらいの気候でしたが、太陽の光を吸収した田んぼの中に手を入れてみると、ホッとする温かさが。

 

まずは、お手本に十倉営農組合の皆さんが、サッサッサッと華麗な手植え。

IMG_1588

機械で植えた一列目を目印に、きれいに植えていきます。

しかし、足を取られてライムはなかなか進みません。

だんだん慣れてきて油断したところで、尻餅!?と田んぼへダイブ寸前でしたが、なんとか回避しました。

 

ライムが植えたところです。

我ながら美しく均等になっていると思うのですが、どうでしょうか?目_星

長靴で足掻いた跡が見えておりますが。

この後、きちんと泥を均(なら)しておきました。

IMG_1592

全体的には、こんな田んぼになりました。

列が増えたり合流したり曲がったり欠けたり

十倉のみなさんからは、「去年より上手」と褒めて頂きましたよ!

IMG_1591

 

 

後半は、機械で田植えのお手伝いをしました。

IMG_1607

均等・直線・素早い。

文明の偉大さを痛感しましたわーい~2

 

 

パレットの苗を積んで、前進!

IMG_1628

さすがに運転はできませんが、隣に乗せてもらいました。

「機械がない頃は、大変だっただろうなあ」と、のんきにお話している間に、田んぼの往復が終わります。

驚いた話ですが、最近のトラクターには、

ラジオや空調付いていて快適に作業ができるそうですあいう~3

ただし、肥料を積みこんだり、若い苗を育てたり、人の手でしなければならない作業も多いので、全てが機械の工程で済むわけではありません。

 

田畑から離れて米の売り買いをしていると、農業現場の感覚や大変さ、米の貴重さ・ありがたみを忘れてしまいがちです。

ふるさと交流田では、十倉営農組合の皆様にご協力頂き、神明社員とともに田植えから収穫まで一緒に行っています。

農業現場、営業現場、それぞれに感覚の乖離がないように、交流を深め実体験を大切にしています。

 

十倉営農組合の皆様、今回の田植えもお世話になりました!

2017.11.25. 黒豆の刈り取り作業


 

先週末は、「ふるさと交流田」でお世話になっている三田市十倉地区へ、「黒豆」の収穫に来ました。

今回の参加社員は5名、営農組合からは3名お手伝いいただきました。

 1 2

左の写真は10月14日に「枝豆」を収穫しに来た時のもので、今はすっかり色も変わり豆はいっそう成熟しています顔おいしい

 

 3

こんな感じで葉がすっかり落ち、莢(さや)も乾きつつあります。

4

これを剪定ばさみで刈り取り、逆さにして畑で乾燥を進めますはさみ

 5

刈り取り作業後は、鹿除けネットの取り外しのお手伝いです。

昨今は農作物の鳥獣被害が増えており、自然豊かなこちらの地域ではイノシシよりも鹿の被害が多いそうです。

 

本日の作業はここまでですが、

枝から莢を外し天日乾燥

莢から豆を取り出す作業

ゴミを取り除く作業

選別作業を経て、

黒大豆の製品になります。

 

農家の皆さんの手間暇のかかった、おいしい黒大豆がお節料理でおなじみの「黒豆」になるのです。我が家は土井勝先生(土井善晴さんのお父さん)のレシピにしてから、失敗なくふっくら炊けるようになりました。

 

皆さんもお試しあれ!

毎年恒例☆こうべファーム収穫祭


10月14日(土)~15日(日)の2日間、イオン神戸北店にて

「2017年こうべファーム収穫祭」を開催しました。

 

毎年、この時期に開催しており、今年で5年目流れ星

 収穫祭1

この収穫祭では、こうべファームで収穫された、米や青果物を新鮮な状態で販売しています!

 

収穫祭なので、やはり「秋といえば!」がたくさん並びました。

今年は、こしひかり・きぬひかりの2種類の新米を準備し、

枝豆、栗、富有柿、ジャンボ落花生、鳴門金時(さつまいも)を食べ切りやすい量とお手頃なお値段で特設店頭にそろえました。

 収穫祭5

 

なんといっても、おすすめ商品は2種類の新米!!2

5キロの販売なので、各ご家庭で新鮮なうちに召し上がって頂けると思います。

試食をされたお客様にも「おいしい!」と言って頂き、大盛況でした。

 収穫祭4

 

もうひとつの目玉商品は、枝つき枝豆!!2

スーパーでは袋詰めしやすいように葉や枝は取り除いてあったり、冷凍用に加工されていたり…

枝豆がどのように実に生(な)っているのか、畑以外では見かける機会は少ないですね。

がっしりとした枝に、数えきれない程たわわに実った枝豆が生っています。

青々とした枝豆は枝つきのまま販売し、今年もご好評頂きました。

 収穫祭2

 

 

今回は、両日ともに雨が降っていましたが、

「今年も買いに来たよ」とありがたいお声を掛けて頂きました。

 収穫祭3

お越しくださった皆様、誠にありがとうございました。

 

ふるさと交流田☆黒大豆収穫!


2017年10月14日(土)

ふるさと交流田 黒大豆(枝豆)収穫

 

10月14日、三田市十倉地区で実施する「ふるさと交流田」の活動で育てた黒大豆の収穫作業に行ってきました歩く_M~1

 くろまめ1

大豆はこんなふうに生えています。

 くろまめ2

まず、枝切ばさみで根元から刈取り、鎌で余分な葉をあらかた落とします。

 くろまめ3  くろまめ4

今年は枝豆だけでなく、正月用の煮るための固い黒大豆も作るため、少し刈り取らずに残しました!

 くろまめ5

ここからは、収穫した枝豆を社内販売するために、商品に仕上げる作業です手!指

 くろまめ6

植木ばさみで、豆のついていない余分な枝や葉を落し、実入りの悪い莢や虫食いのある豆を取り除いていきますはさみ

1株仕上げるのに5~10分かかる根気がいる作業です。

 

作業終了後は、十倉営農組合の皆さんと取れたての枝豆を茹でていただきましたハート~3

今年もしっかりと実が育ち、豆の甘味が感じられる良い出来栄えです。

 

当日は、十倉営農組合が行っておられる「黒大豆オーナー制度」黒豆を育てているオーナーの皆さんも収穫に来られていました。

 くろまめ7

当日は、十倉営農組合の皆さんにお手伝い、ご指導をいただき無事収穫を終えることができ、本当にありがとうございました。

 

十倉営農組合の皆さんが育てた黒大豆枝豆「パスカルさんだ一番館」で購入できます!びっくり

皆さんも、この時期にしか味わえない秋の味覚をどうぞご賞味ください!