カテゴリー別アーカイブ: ふるさと交流田

ふるさとプロジェクト黒大豆枝豆の収穫


去る10月15日、三田市十倉地区で行っている『ふるさとプロジェクト』の農作業の一つ、黒大豆の枝豆を収穫しに伺いました。

本日の出動人員は8名、男女半々の構成です。

まずは作業服に着替え、枝豆畑へ出発!

1

枝切ばさみで株を根元から切っていきます。

2
秋晴れの空に映える、枝豆です。たわわに実っています。

収穫後は、出荷に向けた調整作業が待っています。

3

調整前の枝豆です。出荷には余分な茎や葉がいっぱいです。

4

営農組合の皆さんに指導していただきながら、はさみで余分な葉や茎、虫食いや結実の悪い莢を取り除いていきます。1株を仕上げるのに、はさみを入れる回数は100回以上!店頭に並んでいる野菜にはこんなに手間がかかっているのかと気づかされます。

5
最終的な計量作業と、袋詰めは営農組合の皆さんにお願いしました。自然のものを一定の重量に組み合わせるのは、やはり経験と勘がものを言いますね。

たくさんの営農組合の皆さんにお手伝いいただき、なんとか作業は完了しました。
作業後のお楽しみ、収穫した黒大豆の枝豆を塩茹でしていただきます。

6

夏場の少雨で出来栄えを心配していましたが、実入りもよく甘みも十分です。
余りのおいしさに、1~2皿ペロッといけてしまいます。

三田市の中でもとりわけ十倉地区は土質もよく、黒豆の栽培にはぴったりで、黒大豆のオーナー制度はリピーターが大半だそうです。皆さんもおいしい黒大豆の枝豆を育ててみませんか?

黒大豆枝豆の収穫のご報告でした~

アウトオブキッザニア&ふるさと交流田ブログ


今年もいよいよ稲刈りの時期となりました拍手

好天にも恵まれ、絶好の農作業日和ですパンダ太陽

キッザニアの子供たちは、まず座学から
組合長の坪ノ内さんより稲穂について説明を受けます
写真1
熱心に聞き入る子供たちクマめがね
写真2
グループごとに稲穂が配られ、実際に触れてみます
写真3
一方その頃、ふるさと交流田メンバーと言えば、収穫間近の豆畑です
写真4
子供たちが座学の間に雑草抜きの作業をおこないました
せっかくの土の恵みを雑草に持っていかれたら勿体ないですからネ
写真5
カエルぴょんや、虫くんもそこかしこに潜んでいるので女性は大変です
あちこちで絹を裂くような声が・・・(笑)顔_汗
写真6
午後からいよいよ稲刈り開始です
5月に植えた稲が、今はすっかり過ごしやすくなった風に吹かれ黄金色にたなびいています
写真7
刃物を使いますので、子供たちも緊張の眼差し
写真8
いよいよ刈り取り
最初は手元が覚束なかった様子でしたが、組合の皆様のご指導もあって上手に刈り取っていきます
写真9
ふるさと交流田メンバーも参戦!
頑張れ~うさぎ応援
写真10
最後は文明の利器の登場!
その速さは感動です
写真11
子供たちは記念撮影カメラ
ふるさと交流田メンバーも作業を終えてほっと一息
写真12 写真13
今年も無事稲刈りを終えました

毎年のことながら、このイベントを終える頃から秋を感じ始めます
食欲の秋が待ってますよ~(笑)
写真14

平成28年9月4日 三田市十倉地区、農業用水路清掃作業


本日は、ふるさとプロジェクトでお世話になっている、三田市十倉地区の用水路清掃作業のお手伝いにやってきました。十倉地区自治会の35名の皆さんと、当社からの参加者7名で3か所に分かれて作業を行います。

1

台風12号接近の影響で心配された、お天気の崩れもなく用水路の中に生えた雑草や藻を取り除く作業に汗を流しました。ミッキー汗

2

我々は午後からの参加でしたが、自治会の皆さんは朝からあぜや空き地の草刈りなどを済まされ、午後は用水路の掃除と1日がかりの作業をされたそうです。カレーパンマン驚く

3

ふるさと交流田の稲穂も色づき、今週末にはアウトオブキッザニアの稲刈り体験も予定されています。収穫日和の願いを込めて、テルテル坊主をつるそうかな。

4

6月に植え付けをした黒大豆は、雨不足の影響が心配されましたが順調に育っているようです。10月の枝豆収穫に向けて、莢がはち切れるほど身が入りますように!

5

作業に参加された社員の皆さん、お疲れ様でした!ペコリ~1

7月16日(土)ふるさとプロジェクト「黒大豆土寄せ作業」


7月16日、ふるさとプロジェクトの活動で、三田市十倉地区へ黒大豆の土寄せ作業を行いに行きました。一昨日来の雨で足元はぬかるんでいましたが、薄曇りでさわやかな風がそよぐ、絶好の作業日和です。秋の豊作を目指してがんばりましょう。

1

去る6月18日、黒大豆の定植作業を行いましたがカメラが壊れてしまい、作業風景をご紹介できませんでしたが、それから1カ月が過ぎ、黒大豆の苗の成長に負けず雑草もはびこってきています。まずは除草作業から。

2

その後、肥料を撒きながら畝の両側から苗の足元に土を寄せていきます。これは、根が張り苗を倒れにくくすることと雑草の抑制に効果があるそうです。

3

十倉地区では毎年、『黒大豆のオーナー制度』を実施しており、今日も近畿一円からたくさんのオーナーさんが訪れ、作業に汗を流しておられました。

4

作業終了後、アウト・オブ・キッザニアの子供たちや私たちが田植え作業を行った『ふるさと交流田』の様子を見てきました。

5

少しまばらなところもありますが、稲はすくすくと成長していますよ。

6

本日作業に参加してくれた皆さん、お疲れ様でした。

7

2016年アウトオブキッザニア~田植え編~


今年もやってまいりました
アウトオブキッザニア♪
今回は当社がおこなう「ふるさと交流田」との共同併催で「田植え」をおこないます。kao-1

①

ユニフォームも新しくなりました

②サイズ変更

 十倉の皆様今年もお世話になります!

④
ふるさと交流田メンバーも合流!

⑤サイズ変更
田んぼへ車
今年も綺麗な水にカエル君(ちゃん!?)がたくさん集まってましたよ%E3%81%8A%E3%82%93%E3%81%B7_mCAUJA023

⑥
いよいよ田植えの開始です。
ぬかるみに足を取られながらも、果敢に田んぼに入って植えていきます
⑧サイズ変更
表情は真剣そのもの!

⑨
ふるさと交流田メンバーも子供たちに負けずに頑張ってます!

IMG_7534 IMG_7543

IMG_7528_1 IMG_7529_1

ここで文明の利器が登場!
手植えしきれなかった部分をガンガン植えていきます肉球↓

⑪サイズ変更

最後は集合写真をパチリkao-3

まだ始まったばかりですが、これから収穫まで頑張っていきましょう!

⑬サイズ変更