カテゴリー別アーカイブ: お米情報

マイとトムの研修実録


 

新入社員の最後の研修となりました!

5月に自分たちの手で植えた稲を刈り取ります。

楽しげな稲刈りレポートをどうぞ!えんぴつ

~~~~~~~~~~

マイ「この度、JAたじまのふるさと但馬米交流田にいってきました!

ここは前に田植え体験もさせて貰ったよね~。無事に稲は育ってるかなぁ?」

たじま1

Tom「ほな見に行こかー!

うおー!!この前めっちゃ強烈な台風来てたのにちゃんと育ってるやんけえ~!!

で、今日は何する予定なん?」

たじま2

マイ「今日は、田んぼの生き物調査と稲刈り体験!早速田んぼに入って捕まえるで~。

どっちがたくさん捕れるか勝負!!」

たじま4

Tom「ええで、じゃあトムが勝ったら、タコヤキおごってもらうで!!あっ!Frogおった!

他にも、トンボ、バッタ、イナゴ、蛾、イモムシ、いっぱい捕まえたで!!貴様は?」

 

マイ「貴様て!せめて貴方とかがよかった…明日から今以上に厳しく日本語の勉強や、覚悟!まあそれは置いといて。

私はこおろぎと蜘蛛も捕まえたで~。でも悔しいけど量はトムの勝ちかな…。

たじま3

本で調べてみたら田んぼの生き物って植物とか昆虫とか色々あわせると5668種(桐谷圭治編「田んぼの生きもの全種リスト」より)もおるらしいわ。さっきサギとかトンビも頻繁にみかけたし、田んぼってほんまに生き物がいっぱいおるんやなあ!びっくり

 

 

そういやトム、“益虫”(えきちゅう)“害虫(がいちゅう)”って知ってる?

簡単に言えば、益虫っていうのは田んぼに良い影響害虫は悪い影響を与える虫ってことやねんけど、

イナゴとかカメムシ穂から養分を吸ったり葉をかじってお米に色をつけたりするねんな、で、それが品質や等級を下げる要因になって、結果的に悪い影響に。

でも反対に益虫のカエルとか蜘蛛その害虫たちを食べてくれるから、

農家さんたちにとっては大助かりってわけ☆クルクル

 

Tom「トムもJAのおじさんから聞いたで!

害虫を駆除するために農薬を使ったりするけど、それをやっちゃうと益虫も死んでもうて、生物の環境にはよくないらしいな。

今回俺らが刈ったんは、特別栽培米っていって、

慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、

節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培されてんねん。

さらにJAたじまさんでは、コウノトリのエサとなる生き物が育つ環境づくりに取り組んでるんやって!

秋には田んぼに住む生き物のために、堆肥や米ヌカなどを散布したり、冬も田んぼに水を張って生命を育んで無農薬・減農薬での米づくりをやってて、種子の消毒にも農薬を使用しないなどの『農薬に頼らない強い米づくり』にも取り組んでいるらしいで。」

コウノトリ育むお米を買いたいって思った方は、ぜひ益屋をのぞいてみてください!

益屋表

 

 

マイ「あ~コウノトリのお米聞いたことある!あの上野動物園のシャンシャンも食べたってやつやんな。ま、私はパンダといえばやっぱアドベンチャーワールドやけどなあ。なんつって(関西魂!)

ん!なんかいい匂いする~あ!あれはもしや…

 たじま5

お釜で炊いたご飯!しかも新米!おこげも良い感じで美味しそう~!虫捕まえるのにはしゃぎすぎてお腹ぺこぺこやったねん、早速いただきますー!やっぱり外で食べるご飯は最高!

それも、私たちが今回研修でお世話になってる“ふるさと但馬米”やからか更に美味しく感じるわ~ハート薄ピンク

たじま6

田んぼはお米をつくるだけじゃなくて、たくさんの生き物を育てる役割りもあって、

それを管理したり維持したりするのが農家さんで、

その農家さんを支えてるのがご飯を食べる私たち消費者っていう、

環境と農業と食は全部繋がってるってことを改めて感じることができたわ。」

 

Tom「俺ら日本人にとって、お米は当たり前にあるものやと思ってたけど、いろいろ奥が深いねんなぁ。

満腹になったし、これから稲刈りまんでぇーー!!!

たじま7

俺、初めてコンバイン乗るわー!頭文字Dみたいに、ドリフトしながら稲刈りしたろー!!

 

ぶいーーーーんごおーーーーーーーがらがらがらうぃーーーーーん

 

あ、ドリフトできんかったわ。けど、稲刈りって機械でやるから、田植えをしっかりきれいに列を揃えてしとかんと刈り取りにくいねんな!ほんまここ田植えしたやつ誰やねん(笑)

そういえば、コンバインってただ稲刈るだけやと思ってへん?

実は脱穀と選別もできんねん手!指

脱穀っていうんは、お米の部分『籾(モミ)=外皮(籾殻)の付いたままの状態』を、稲の茎の部分(藁)から外すことやねん!

ほんで、コンバインの本体内では、単に脱穀するだけではなくて、選別もしてんねん。選別は風力で籾を吹き飛ばして軽いもの(実の入っていないもの)を吹き飛ばすんやで!

みてーー!!モヒカン!!

たじま8

マイ「あートムもこの前までモヒカンやったからお揃いやね~ってなんでやねん!

にしても今年は猛暑できちんと育つか心配やったけど、ほんまに立派で綺麗な稲やなあ。

これまで田植え~稲刈りまで研修として体験させてもらったけど、普段私たちが食べてるご飯がこんな風につくられてるって知れてすごい勉強になった!

このこと忘れずにこれから私たちは生産者の方たちのことをもっと知って、寄り添って一緒に農業を考えていかなあかんし、その想いをお客様に伝えたり逆にお客様の声を生産者の方たちへ伝えたりしながら、日本のお米や農作物をもっとたくさんの人に届けていかなあかんね。トム!これからも一緒に頑張って行こね!」

 

Tom「Of course!! これからもしっかり学んで、農業のことについて考えていきたいな!!」

 

 

マイ・Tom「全農兵庫、JAたじま、ふるさと但馬米振興会のみなさん!!ほんまおおきに!!!」

たじま9

※登場人物はフィクションです。写真は実際の写真です。会話内容は脚色しています。

 

~~~~~~~~~~

新入社員の皆さん、お疲れ様でした!

祝☆第一便!中国向け日本産米を輸出


 

みなさん、こんにちは

あかふじライムですあかふじライム5

 

 

7月末、「㈱神明 中国向け日本産米輸出記念式典」、

「輸出用日本産米試食会」を執り行いました。

 

神明きっちん阪神工場で精米した日本産米を中国へ初めて出荷します。

017

 

中国向け日本産米の輸出が、いかにビッグニュースであるか手!指

精米現場から離れると実感しにくいところです。

 

中国へのコメ輸出は2009年に解禁されましたが、

厳しい検査があり、中国側の認可を受けた工場で精米したお米しか輸出が許可されておらず、専用の燻蒸(くんじょう)倉庫が必要でした。

 

そしてこの度、めでたく許可を頂いた阪神工場で精米したお米を送り出す「記念出荷式典」を行ったのです拍手

058

 

もちろん現在までにも日本国内には、認可された工場はありましたが、他企業さまの工場だったので、

自社のペースで精米できない…もどかしい状況でした涙

 

こうしたことから、昨年は109トンの取り扱いでしたが、

2020年度までに2千トンへ拡大する目標を立てています。

014

ラップでぐるぐる巻きになったお米が、コンテナに積み込まれ神戸港から中国へ旅立ちます。

004

このお米たちは、今頃きっと海の上

 

 

式典の第二部は、「輸出用日本産米試食会」として

実際に今回輸出が決定したお米の試食をして頂きましたごはん

145

 

ライムもおにぎりをひとつ頂きましたが、美味しい

おかずもなくていい、そのままの白米のおにぎり、パクパク進みました。

 

 

中国のコメ消費市場日本の20倍にもなると言われています!びっくり

「この巨大市場で、日本のお米のおいしさを伝え、消費拡大につなげたい。」と神明・藤尾社長。

158

 

今後は、兵庫県産米の輸出も予定しています四葉

289

 

世界に伝われ!日本のお米、神明のお米!

 

幻の新米!特別栽培米佐賀県白石産七夕こしひかり


 

みなさまこんにちはびっく~1

7月7日七夕ですね。

今日は、新暦の七夕ではなく、「旧暦」の七夕の話題です。

旧暦の七夕のころに収穫される「幻の新米」をご存じですか?

その名も「七夕こしひかり」

佐賀県で一番最初に収穫されるお米で、旧暦の七夕(8月7日前後)に収穫されることから、

このように命名されました。

 160330_升へ玄米を入れる_1

佐賀県杵島郡の東部に位置する温暖な地域、白石地区で育ったお米です。

生産量が少なく入手困難!びっくりなため「幻の新米」と呼ばれます。

ちゃわん湯気

お米は柔らかくて粘りも強く、甘みがあり、キラキ~1ピカピカキラキ~1の炊き上がりです。

米処四代目益屋では、8月15日から9月中旬頃まで期間限定で販売する予定です。

今から来月の入荷が楽しみです272787

ぜひ「幻の新米」をお試しくださいおんぷ~1

創業110年の米問屋「神明」直営のお米専門店、米処四代目益屋の店舗はコチラ

 IMG_20170726_093621 20180328①

 阪急うめだ本店               阪急大井食品館

8 西宮阪急5

 川西阪急                   西宮阪急

20180328① 20180328④

都筑阪急                   宝塚阪急

 

新入社員「炊飯研修」レポート!


みなさまこんにちはマリン の画像

新入社員より、日課の「炊飯」についてのレポートが届きました。

おいしいご飯を炊くために役に立つ情報が満載です!さっそくご覧ください

∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞

神明の新入社員は毎日お米を炊いていますキッチンだよ。家電だよ。炊飯器 の絵文字

お米を洗う上で特に大切なことは、最初のはとにかくすばやく捨てることキラキラ の画像

お米は乾燥している状態なのですごい勢いでお水を吸収します

水 の画像

はじめの研ぎ水は最も糠が多く汚れた水なので

できるだけお米が吸水しないように手早くお水を替えましょう。

 炊飯大1

最初はお水を入れて捨てるだけで、2回目からお米を洗います。

お米を洗う時は軽くかき混ぜる程度で十分です シンプル の画像

 炊飯大2

強くこすってしまうとお米が割れてしまいます。

それを3~4回繰り返せば洗米完了です。

一般的にお水の量はお米の重さに対して1.45倍とされています。

例えば食材だよ。お米 の画像 お米1合は150gなので、お水は150g×1.45で217gです。

私たちは毎回はかり⚖を使ってお米と水の重さを量っています

 炊飯大3

毎日の炊飯で驚いたのは、同じ品種のお米を同じ量の水で炊いても

同じ味にはならないことですデコメ絵文字 びっくり

洗い方によっても味は変わってきます。

水の量が10ml違うだけでも食感は大きく変わります。

そうなると家庭で炊くごはんの味や食感が日ごとに変わるのも当たり前ですね かわいい,うなずく,くま の画像

炊きあがり大

炊きあがりました!

この日はどちらのお釜も同じ新潟コシヒカリを炊きましたが

ツヤや粒の形、食感にも違いがありました。

その他、お米をお水に漬け置きせずに炊いてみたり

2種類以上のお米をブレンドして炊いてみたり

いろいろな品種をいろいろな条件で炊飯して食べています。

ご飯 の画像

お米のブレンドには抵抗がありましたが

それぞれのお米の良さが生かされて

1種類で炊くよりも美味しくなることにはビックリです!

私のお気に入りはコシヒカリひとめぼれのブレンドです。

粘りが増してコシヒカリの甘みが引き立ち美味しかったです!

キッチンだよ。家電だよ。炊飯器 の絵文字

炊飯ひとつとってもお米は奥が深いです。

今は毎日が新しい発見ばかりです。

少しでも早くお米のプロになれるように頑張ります!

∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞

毎日いろいろなパターンで炊飯することで、お米の特徴や最適な水加減、お気に入りのブレンド内容まで見つけてすごいですね!

今後配属先での活躍が楽しみですキラキラ_m

勤労感謝の日には…


 

みなさん、こんにちは、あかふじライムですあかふじライム5

来週の木曜日は祝日

お休みの方も多いのではないでしょうか?

勤労感謝の日といえば、小学生の頃に「日頃、働いてくれているお家の人へ感謝の気持ちを込めて作文を書きましょう」という授業があったような記憶が…。

 

現在は「働く人へ感謝する日」と理解される事が多い勤労感謝の日ですが、

実はお米に直結する重要な祝日なんです!

 IMG_0003

今回は「11月23日」について調べてみたいと思います。

 

 

日本の祝日法には、11月23日は勤労感謝の日「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。」とあります。

現代では、この「生産を祝い」という意味合いが薄れてしまった為に、昔の感覚とは少し違うのかもしれません。

 

勤労感謝の日は1948年(昭和23年)に制定されました手!指

それ以前は、「新嘗祭(にいなめさい)」と呼ばれる祭日が定められており、同じく国民の休日でした。

 

そもそも新嘗祭とは、「天皇が新穀を天神地祗(てんじんちぎ)に勧めて神を祀り、自らも食す」とあります。

天皇が、収穫された新米を神様に供え、収穫に感謝し、自らもお召し上がりになる。ということです。

 IMG_0018

[[こちらは先日の新人研修にて。 ”新米” 社員研修!]]

 

天皇による国家的行事でしたが、戦後は皇室行事から切り離され、祝日の名前も改められました。

しかし、現在でも重要な宮中行事として引き継がれているようです。

日本には、古くから五穀の収穫を祝う風習があり、この収穫の時期には、伊勢神宮や出雲大社でも神事が実施されます。

 出雲大社

[[出雲大社]]

 

海を渡ったアメリカにも、これに似た祝日があります国旗_1~1

Thanks Giving Day(サンクス・ギビング・デイ=感謝祭)です。

毎年11月の第4週目の木曜日と決まっており、今年は偶然にも日本の勤労感謝の日と同じ日程です!

本来は、アメリカでの初めての収穫をお祝いする意味がありましたが、現在は家族や親せきが集まり、食卓に並べた七面鳥を囲んでお祈りする…といった家庭が多いようです。

 

 

文化が異なるアメリカと全てが一致する訳ではありませんが、

実りの秋の頃その収穫に対して感謝する気持ちは共通ですね四葉

ごはん

11月23日には、ぜひ今年収穫されたばかりの新米を頂いて、農業や日頃頂いているご飯に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。