作成者別アーカイブ: admin

簡単おいしい玄米☆社内勉強会


 

みなさん、こんにちは。

あかふじライムです。

 

先日は、社内で試食会を行いました!

【神明・簡単おいしい玄米】勉強会&試食会

「簡単おいしい玄米」をサクッとご紹介しますと、

通常の白米同様に、「簡単」に調理できて、

いままでの玄米のイメージ、硬くてパサパサ食べにくい…

という問題をクリアして「おいしい玄米」に仕上がっています!

 

高熱の蒸気を短時間当てるという

スチームクリーン製法を活用して、

ふっくら炊き上がる加工をしているからなんですね。

おいしい玄米【写真】明るめ

 

そんなことは、もちろん知っているよ!という営業部社員を集めて

まずはお米の勉強会

新人からベテランまで、みんなで参加。

おさらいも含めてしっかり講義を聞いています。

これからのお米市場についての討論も。

おいしい玄米試食会

ちょうどいいタイミングで炊き上がった「簡単おいしい玄米」

 

今回の試食会は、

玄米3種類食べくらべ

「簡単おいしい玄米」「ぷちぷち玄米とごはん」「金のいぶき」

アレンジレシピに、「スープご飯」と「ドライカレー」「チーズサラダごはん」を提案!

おいしい玄米試食会2

 

 

今回のアレンジレシピはWEBでも紹介しています。

http://oishii-genmai.com/

 

玄米って意外と、調理方法の幅が広い!

 

おいしい勉強会となりました!

 

<話題>袋のラップ「アイラップ」で炊飯してみた


 

みなさまこんにちは!

あかふじハートブルー60あかふじブルーです。

先日TVで、

「冷凍・冷蔵や、電子レンジ・熱湯ボイル(湯煎)に使えて便利!大活躍の「アイラップ」。超万能で愛用者が急増中!」

というのを見かけまして。。。

早速入手!

近所のお店では見つからなかったので、ネットで注文しました。

i-rap_omote

i-rap_ura

レトロなパッケージがいい感じですね。誕生年1976年だそうです。@i_wrap_official

 

あかふじハートまいんどメンバー数人で、いろいろなパターンで炊飯してみました。

i-rap_1

1. あかふじ今日のごはん・・・「パキッ!」と割る感触が爽快な真空パックのパッケージ。
1合分だから計量要らずで、そのまま炊ける便利な無洗米です。

2. ソフトスチーム白米・・・・お米本来の甘味と旨味を引き出し、専用小型炊飯器「poddi(ポッディー)」を使用すれば、0.5合が約10分で炊飯可能。
浸漬、洗米不要で簡単・便利・美味しい三拍子そろったお米です。

3. 10分炊き込みごはん・・・・お客様の「10分で炊き込みごはんができればいいのに・・・」から生まれた商品です♪炊き込みごはんの素は3種類ご用意しており、
「鯛の炊き込みごはんの素」5食分
「梅と野沢菜のしらす混ぜごはんの素」5食分
「たらこと野沢菜の豚肉和えごはんの素」5食分
「ソフトスチーム白米」(約0.5合×20袋)20食分
炊き込みごはん15食+白ごはん5食の計20食分の詰め合わせセットとなります!!

手順はこんな感じです。

お米0.5合(75g・90ml)をアイラップに入れ、水を110ml加える。お米の【重量】の約1.5倍です。

i-rap_2 i-rap_3

出来るだけ袋の空気を抜き、上の方で口を結びます。

i-rap_4 i-rap_5

i-rap_6

鍋に袋がくっついて破れないように、鍋底にお皿を入れてお湯を沸かします。

約25分グツグツ煮て完成!

i-rap_7

写真右が「あかふじ今日のごはん」左上が「ソフトスチーム白米」左下が「炊き込みごはん」です。

i-rap_gohan

i-rap_ssmai

i-rap_musenmai

i-rap_takikomi

一見ちゃんと炊けているようですが、食べてみると少し芯が残っているような・・・

ソフトスチーム白米は比較的柔らかく炊けました。炊き込みごはんの素はフリーズドライなので、水分が足りないと感じました。

これでは成功とは言えないのでは??ということで、後日再チャレンジ!

前回と同じく、

無洗米0.5合(75g・90ml)をアイラップに入れ、水を110ml加える。

水は、お米の【重量】の約1.5倍です。

そして鍋に入れる前に30分浸漬して、お水を十分吸わせてから25分グツグツ煮ます。

浸漬あり1

 

鍋から取り出し、袋を開けずに10分蒸らします。

浸漬あり2

 

おおっっ!明らかに前回とは違う!ふっくらと炊けています!お米の甘味も出ておいしい!

浸漬あり3

 

袋のまま握ると、ツヤのあるおいしいおにぎりおにぎりが出来ました。

浸漬あり4

ということで、アイラップでおいしく炊く方法

1. お米0.5合(75g)に対し

2. 水は110ml(お米の重さの約1.5倍)

3. 袋にお米と水を入れて、30分放置して水を吸わせる

4. 鍋底にお皿を入れて沸騰させる。袋を鍋に入れて25分グツグツ煮る

5. 鍋から取り出し、10分 放置して蒸らす

です!

<おまけ>

試作品の【液体】バエリアの素を使って炊いてみました。

i-rap_13

グツグツ。。。

i-rap_17

煮る時間は同じく25分で。

ソフトスチーム白米+パエリアの素

i-rap_ss_paella

今日のごはん+パエリアの素

i-rap_musen_paella

浸漬、蒸らしなしで試食しましたが、ちょうどアルデンテになり、とてもおいしくできました。

パエリアやリゾットを作る場合は、あえて浸漬、蒸らしなしにすると本格的な出来栄えになるかもしれません。

 

ごはんが出来たので、次はごはんに合うおかずにチャレンジしますグッド~1

けん玉のプロはルービックキューブも得意だった・・・!


 

みなさんこんにちは!あかふじハート~4ブルーです。

以前ブログでご紹介した「けん玉のKさん」

 コロナ禍で外出自粛の折、おうちで出来る新たな趣味を見つけたそうです。

それは、懐かしの

キューブ

ルービックキューブ5

 それではスタート!

ルービックキューブ10-1 ルービックキューブ9-1

ルービックキューブ8-1 ルービックキューブ7-2

ルービックキューブ7-1 ルービックキューブ6-1

ルービックキューブ12-1 ルービックキューブ11-1

 ・・・

攻略法を聞いてみました。

まずは白の面を揃えます。ブルー、ここで早くもつまづくエルモ泣く

ルービックキューブ4

そして白に接する部分の2列を揃えるそうです・・・??リボン

ルービックキューブ3

続いて黄色の面を揃えて。。。

ルービックキューブ2

 完成!

ルービックキューブ1-1

さすが手先が器用なKさん。

ブルーは傍から見ていても、チンプンカンプンでした・・・

頭の体操によさそうなので、買ってみようかな~と思っているブルーでした笑E674~1

 

<作ってみた>おうちde発芽玄米


 

みなさまこんにちは!

最近発芽玄米のお問い合わせをいただくことが増えたので、実験してみました!!2

「栽培期間中農薬不使用」のコウノトリ育むお米(こしひかり)と、胚芽の大きさが約3倍ある宮城県産金のいぶきを使用しました。

両方とも水に漬け、常温・冷蔵の状態で経過を観察。水が痛むので半日ごとに水を入れ替えます。

konotori2

24時間たったところで、常温においたものは2種類とも少し芽らしきものが見えてきました双葉

24h_konotori_normal 24h_kinnoibuki_normal

水も泡が出てブクブクしています。

konotori kinnoibuki
玄米が生きていると実感。

冷蔵のものは、泡も出ておらず芽がでる様子もありません。

24h_konotori_refrigerated 24h_kinnoibuki_refrigerated

36時間経つと常温のものはしっかりと発芽しているのを確認できました!

36h_konotori_normal 36h_kinnoibuki_normal

冷蔵は相変わらずの様子。

36h_konotori_refrigerated 36h_kinnoibuki_refrigerated

常温のものはこれ以上芽が成長すると、ゴワゴワして芽に栄養を取られてしまうためこの段階で炊飯して食べました。

炊き方は、炊飯釜の白米の水のラインまで水を入れ、白米モードで炊飯するだけ。
しっかり水汗を吸っているので、簡単にふんわりやわらかになった玄米を食べることができます!

発芽玄米ごはん (1)

冷蔵保管したものは、水を入れ替えながら引き続き観察。

72時間経っても、2種類とも芽は出てきません。。。

72h_konotori_refrigerated 72h_kinnoibuki_refrigerated

金のいぶきはここであきらめて食べましたが、コウノトリ育むお米だけ引き続き実験を継続。

・そのまま冷蔵グループ

・常温に置いておくグループ

・30度程度のお湯を入れて常温に置いておくグループ

に分けて半日観測。

すると、常温に置いておいたものと、お湯を入れたものは半日でピョッコリ芽が出てきました! 84h_konotori_normal 84h_konotori_30c

発芽させるには水温が大きく影響するようで、積算温度100度が目安だそうです。

ただし、発芽に適した温度だと、別の菌が繁殖する可能性が高くなるので、注意が必要です!!!水玉

臭いや状態を確認して、「自己責任」で判断してください。

製品として販売されている発芽玄米は、きっちりとした品質管理のもと作られているので安心です。

発芽玄米をつくるのは、なんだか植物を育てているようで芽が可愛く思えます。←マニアック トトロ笑顔

そして種を食べているんだな~と改めて実感をしました。

興味のある方は、くれぐれも「自己責任」でお試しください。

ふるさと交流田☆黒豆の定植作業


 

みなさん、こんにちは。

あかふじライムです。

 

毎年恒例の社内行事「ふるさと交流田」が今年も始まりました。

例年は、4月頃から田んぼの準備を始めて、

お米と黒豆の栽培作業を始めるのですが、

こちらももれなくコロナの影響で社内のイベントとしての実施ができていませんでした。

黒豆定植ふるさと交流田1

栽培の作業自体は、十倉の生産者さんたちにお願いをして、準備は始めていました。

今月から、緊急事態宣言の解除を受けて、ようやく現場へ向かうことができましたよ!

 

今回は【黒豆の定植作業】

小さな芽が出て、苗になった黒豆たちを

等間隔に植え付けていく作業です。

目印をつけながら、まっすぐに植えていきます。

黒豆定植ふるさと交流田2

前日までの雨で、足元はぬかるんでいましたが、

当日の十倉は曇り、暑すぎず作業しやすい気候でした!

 

・・・・っぁああ!!!

お約束のしりもち、いただきました。

黒豆定植ふるさと交流田3

黒豆の収穫は、10月頃です。

それまでに、まだまだ手入れの作業はありますが、今日の作業は終了です。

黒豆定植ふるさと交流田4

成長の様子は、今後もお伝えします!こうご期待!!