無印良品の「発酵ぬかどこ」でぬか漬けにチャレンジ!


みなさまこんにちはっっ!!

ぬか漬け大好き社員より、手軽にできる「ぬかどこ」を使ったレポートが届きました。

早速ごらんください

食C3F7~1 食C3F7~1 食C3F7~1 食C3F7~1 食C3F7~1

最近巷でちょっとブーム!びっくり の無印良品『発酵ぬかどこ』にチャレンジしました。

発酵ぬかどこパッケージ表

ぬかどこ作りは難しいと昔からよく聞いていたので、自らの手でぬか漬けにトライすることはないだろうと思っていたのですが、こちらの『発酵ぬかどこ』は、無印良品様が既に発酵させた「ぬかどこ」を販売してくださっているので、購入した人が行うのは、ぬか漬けしたいものを入れるだけ手!指という画期的な商品なのですキラキ~1

個人的に好きなぬか漬け

『きゅうり』『かぶら』

でチャレンジしました。

まな板の野菜

きゅうりは洗っただけ。

かぶらは皮を剥いて、半分にカットします。

『発酵ぬかどこ』の袋を開けて はさみ

発酵ぬかどこ開封したところ

イン!

かぶらがつっこんである画像

たくさん作りたかったのですが、ぬかどこに綺麗に沈めようとすると、きゅうり1本と、かぶらのハーフサイズ3個でいっぱいに…。

テトリス apani4b5d044adda19 みたいに上手にスペースを考えて入れたら、もうちょっと入るかもしれません。

野菜を漬けたら、「ぬかどこ」の袋の口のジッパーを閉めて、冷蔵庫で保存し、美味しく漬かるのを待ちます。

食材ごとの漬け時間の目安は、パッケージの裏面に丁寧な説明が記載されています。

今回初めてのチャレンジで、わたしは2日間漬け込んでみました。

お漬物アップ

いただきます。

…うーん…ちょっと辛いかも…矢9762~1(関西では塩味の強いものも辛いと表現します)

でも、ご飯と合わせたら行けました拍手

お漬物とごはんセット

パッケージ裏面の説明通りだと、わたしの口には少々辛く感じたので

次回から漬け込み時間時計を調整してみようと思いました。

こんな風に好みの、塩味、酸味に調整してお漬物を作る…なんだか楽しかったです。

皆さまご存知のWikipediaでは、ぬか漬けについてこのように解説されています。

現在の形の糠漬けが出来たのは、江戸時代初期と言われている。須須保利の穀類・大豆の代わりに、精米の際に出る米糠を使ったのが糠漬けである。糠に含まれる豊富な栄養を除いた白米に偏重した食事は脚気をもたらし、「江戸患い」と呼ばれた。当時は現代のような栄養学の知識はなかったが、漬け込みの過程で糠のビタミンB1が野菜に吸収されるため、糠漬けを副食とすることである程度、脚気を防ぐ効果があったと考えられている。

ぬか漬けってすごい…!

そして、その素になっているお米にもそんな力があるんですね。

ごはん ごはん ごはん

ご飯のお供、お茶請け、晩酌のお供にもなっちゃう日本人の知恵と工夫の結晶、ぬか漬け。

あなた様もチャレンジしてみませんか!?

こちらの商品なら気軽にチャレンジできるので、なかなか楽しいですよ~!!