田植えシーズン到来!


 

みなさん、こんにちは。

あかふじライムですあかふじライム5

 

今年も、田植えの時期がやって参りました!

我々神明もつい先日、三田・十倉のふるさと交流田へ田植えに行きましたよ。

 

私ライム、実は田植え初挑戦あかふじライム5

その様子を、ご報告。

 

 

田植え当日はあいにくの雨模様パンダ雨

IMG_1564

小雨が降ったり止んだり、向こうの山がかすんで見えます…

気合を入れて頑張ります!

絶対尻餅つかないぞ…!手。パ~1

 

 

十倉営農組合の皆様に苗の扱い方や植えつけ方を習います。

苗は真ん中あたりまでグッと土の中へ植えつけます。

深すぎると、水を張った時に根腐れを起こし、

浅すぎると、立ち上がらなかったり流れてしまったりします。

IMG_1583

風も強くて少し肌寒いくらいの気候でしたが、太陽の光を吸収した田んぼの中に手を入れてみると、ホッとする温かさが。

 

まずは、お手本に十倉営農組合の皆さんが、サッサッサッと華麗な手植え。

IMG_1588

機械で植えた一列目を目印に、きれいに植えていきます。

しかし、足を取られてライムはなかなか進みません。

だんだん慣れてきて油断したところで、尻餅!?と田んぼへダイブ寸前でしたが、なんとか回避しました。

 

ライムが植えたところです。

我ながら美しく均等になっていると思うのですが、どうでしょうか?目_星

長靴で足掻いた跡が見えておりますが。

この後、きちんと泥を均(なら)しておきました。

IMG_1592

全体的には、こんな田んぼになりました。

列が増えたり合流したり曲がったり欠けたり

十倉のみなさんからは、「去年より上手」と褒めて頂きましたよ!

IMG_1591

 

 

後半は、機械で田植えのお手伝いをしました。

IMG_1607

均等・直線・素早い。

文明の偉大さを痛感しましたわーい~2

 

 

パレットの苗を積んで、前進!

IMG_1628

さすがに運転はできませんが、隣に乗せてもらいました。

「機械がない頃は、大変だっただろうなあ」と、のんきにお話している間に、田んぼの往復が終わります。

驚いた話ですが、最近のトラクターには、

ラジオや空調付いていて快適に作業ができるそうですあいう~3

ただし、肥料を積みこんだり、若い苗を育てたり、人の手でしなければならない作業も多いので、全てが機械の工程で済むわけではありません。

 

田畑から離れて米の売り買いをしていると、農業現場の感覚や大変さ、米の貴重さ・ありがたみを忘れてしまいがちです。

ふるさと交流田では、十倉営農組合の皆様にご協力頂き、神明社員とともに田植えから収穫まで一緒に行っています。

農業現場、営業現場、それぞれに感覚の乖離がないように、交流を深め実体験を大切にしています。

 

十倉営農組合の皆様、今回の田植えもお世話になりました!