いざという時のために。


 

昨日、「本社3階で火災発生」と設定し、神戸本社にて避難訓練を行いました!

館内放送の後、外へ避難します。

そして、避難後は例年通り、外部の方にご指導頂き、消火器とAEDの使い方の講習を受けました。

 

消火器の射程距離は5m、約15秒の噴射が可能。およそバケツ8~9杯分の水と同等の消火効果だそうです。

炎や煙ではなく、燃えている物に直接当たるように噴射することで、初期消火に有効です。

018

訓練用の消火器を使い、火に見立てたコーンで消火訓練をしました。

 

学生時代に聞いた話ですが、燃える炎に消火器をそのまま投げ入れてしまったという笑い話があります!キケン

ピンを抜き、噴射口を炎に向け、レバーを握る。

簡単な動作だからこそ、確認することが重要ですね手!指

 

 

訓練後半は、AED講習

街中でAEDを見かけることが多くなりましたが、使い方はご存知ですか?

Automated External Defibrillator = 自動体外式除細動器

AEDの役割は「けいれんしている心臓に電気ショックを加え、正常な動きに戻すための医療機器」です。

022

初めて使う人にも分かりやすく、AEDが音声で案内してくれます。

 

一次救命処置として、心肺蘇生(しんぱいそせい)も有効です。

1分間に約120回のペースで胸骨を圧迫しなければなりません!

024

いざというときは、まず自分の安全・周囲の確認をして、傷病者の救護に当たってください。

 

 

神明ビルには、1階エレベーターホール前にAEDを設置しています。

030

実際の火災現場や非常事態では、落ち着いて行動できる人間は少ないはずです。

 

みなさんも、お近くのAED設置場所や建物の避難経路など、定期的な再確認をぜひ心掛けてくださいね四葉