みんなの夢AWARD7参加レポート


みんなの夢AWARD7参加レポート

2月20日(月)、舞浜アンフィシアターで『みんなの夢AWARD7』が開催されました。

みんなの夢AWARDとは、

予選を勝ち進んだソーシャルビジネスに取り組む7名のファイナリストが

それぞれの『夢』をプレゼンテーションし、

主催者や協賛企業がその『夢』を応援しようというもので、今回が7回目となります。

この催しの実行委員会には多くの大学生が参加しており、

大会の運営やアトラクションで活躍していました。

開催に先立って、会場ロビーでは協賛企業とこれらの学生の皆さんとの交流会が行われ、

当社のブースにもたくさんの大学生が訪れてくれました。

2017_02_20_a_003

1lDd9Z0gWECPvXUH1487667393_1487667558

Poddiや国産バナナなど、コメの消費拡大や農業の振興に対する私たちの取組について、

興味を持って耳を傾けてくれていました。

いよいよホールが開場され、

2017_02_20_a_012

大学生の皆さんによる「よさこい」や「ユニドル」のパフォーマンスが披露され、

期待感が盛り上がります。

協賛企業の方々のほか大学生や高校生、

ファイナリストを応援する皆さんなど、約2,000名の観衆が見守る中、

個性豊かなファイナリストたちの熱のこもったプレゼンテーションが行われ、

高齢者が健康に暮らせる「PPK食(ピンピンコロリ食)」を商品化したい

という夢をプレゼンテーションした麻植有希子さんが

グランプリとソーシャルビジネス賞をダブル受賞されました。

2017_02_20_a_033

ソーシャルビジネスを代表する

「グラミン銀行」の創設者ムハマド・ユヌス博士の特別スピーチも行われ、

会場を埋めた大学生、高校生の皆さんに大いに刺激を与える、素晴らしい大会でした。

本大会の模様はJ-comチャンネルで3月18日18:30に放映されます。

2017_02_20_a_040_01