兵庫県JAたじま との取組み


みなさんこんにちは。

今日は、JAたじま様(以下、JAたじま)との取り組みである、『ふるさと但馬米産地交流田』について紹介します。

 

“JAたじま” は、兵庫県北部の但馬地区を事業エリアとする農業協同組合です。平成13年に但馬地区の4つのJAが合併して発足しました。

“JAたじま” では、[農家の経営安定]、[減農薬栽培の拡大]、[安全な米の確保]を目的に、『ふるさと但馬米』を創設しています。

当社も、この取組みに基づいて、産地生産者さんと共に朝来市に交流田を開設しています。

但馬交流田

 

22年産米作付けからスタートし、今年(25年産)で4年目。消費者との交流の一環にも活用しています。

2013年5月11日には、地域量販店顧客の方を招いて田植えを実施しました。

ぼかし顧客①

小雨の降る生憎の天気でしたが、初めての体験に皆で夢中で取り組みました。

ぼかし顧客②